« のんびりデー | トップページ | 赤いデザート »

シミランへ。シュノーケルツアー

キレイな海も見たいのでシミラン諸島へのシュノーケルツアーに参加。
ベルトラで予約。

何より、この日のツアーのガイドさんがよかった。その他のスタッフもみんなで楽しませようと言う気持ちがあって楽しかったです。



海。きれいでしょ(^^)?

ベルトラのツアー詳細によれば、送迎、シュノーケル用具、ランチ、国立公園入園料込みとのことだったけれど、実際は簡単な朝食もビーチタオルも、ボートの上の飲み物・フルーツ、下船後のアイスクリーム・軽い食事(パッタイやフライドチキン)も用意されていて、頑張ってタオルとか朝ご飯とか心配しなくてよかったのねー( ;´Д`)

※ただし下船後シュノーケル用具&タオルはすみやかに回収されますので、着替え時にタオルはないことになります。よってやはりタオルは持って行かないと、ですね。



この日は6時半のピックアップだったため、6時半オープンのレストランでは食べられず。そしたらこんな朝ご飯用意してくれました。

箱が立派!


中身。




カオラックのタプラムピアのオフィスには様々なパターンのツアーの参加者が一同に集まりかなりの人。チェックインの際に色分けされたリストバンドをもらい、その色でコールされます。
私たちは茶色なのでコールは「チョコレート」。


コーヒー飲んだりドーナツやマフィンつまみながら待ちます。



しばらくしてチョコレートが呼ばれ集まり、簡単な説明。
ガイドリーダーは、ドクタースランプ・アラレちゃんの帽子をかぶったウェイさん。
彼女がすごかった。
およそ50名のツアー客の名前をひとりひとり聞いて、そして覚えちゃうんだもの。
外国の人の名前って意味がわからないから、単なる文字の集まりで覚えにくいよね。
私も「のりこー!のりこー!」と何度か呼ばれ、なんだかうれしい。

船上のブリーフィングも、英語、タイ語、中国語、まれに日本語、フランス語も混じえ完ぺき。どの言葉もはっきり話してくれるからわかりやすい。

1時間ほどスピードボートに乗り、最初のポイント到着。
シミラン諸島、ちょうど1年前にダイブクルーズで1週間ほどひたすらダイビングしていた場所です。
海がすごくよかったのでシュノーケルもよかろうと一度シュノーケルもしに来てみたかったの。






その後島へ上陸。


ランチが配られます。

こんなお弁当箱でした。


蓋を開けると…



お味は、、、、


そんなに美味しくなかった。←タイでは珍しいこと。でもツアーに付いてるランチって、どこもだいたいこんなもんかなあ…
食べ終わる頃を見計らって、スイカ配りに来てくれます。



再びボートで次のシュノーケルポイントへ。




スタッフのひとり。ジャージで潜って一生懸命撮影してます。



それが終わるとドナルドダックベイから○○島に上陸。
ここ。ダイビング船からも見た景色♪

まずは見晴らしのいい岩の上まで登ります。




周りのみなさん撮影大会。

外人さんは大胆ポーズキメてて見てる方が恥ずかしいような。(でもちょっとうらやましい…(。-_-。))

ボートのスタッフも登って来て写真どんどん撮ってくれます。
急な崖のヘリまですいすい行くのが見ていて恐くてー(>_<) 転落するんじゃないかとそっちの方が気になる(//∇//)

私たちも撮ってもらっちゃいました(〃ω〃)





その後乗船までの時間急いでもうひとシュノーケリング。なかなかきれい!

ボート乗るところまでまで戻ったら、ウェイさんがまたみんなを撮ってあげてる。



私たちにも「撮ってあげるから」とポーズ取らされ撮影。






とぉ〜〜っても楽しそうな写真撮ってもらいました(//∇//)





|

« のんびりデー | トップページ | 赤いデザート »

2019 Thailand」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« のんびりデー | トップページ | 赤いデザート »