« 座間味島&沖縄本島⑦ | トップページ | 座間味島&沖縄本島⑨ »

座間味島&沖縄本島⑧

9月9日(日) 宜野湾2日目

ホテル、朝食付きプランにしました。
ここは朝ご飯食べられるレストランが和食と洋食の2か所あります。

これまで毎日民宿で和食食べ続けたので、パンが恋しい! 迷わず洋食へ。

リゾートだなあ…





朝ご飯食べたら周りを散歩。




公園を抜けてトロピカルビーチまで。


BBQできるテントがあって、前の日の夕方通りかかった時には土曜日と言うこともありすごく盛り上がってました。
楽しそうだったな〜





さて、今日は真栄田岬へ。


宜野湾から、北谷→読谷村…とドライブする間も、普天間→嘉手納…と右手の山側はずっと米軍基地。
すごいな。

そうこうするうちに真栄田岬の駐車場に到着。
人がたくさんいて大変なにぎわい。みなさんダイビングや体験ダイビングの人たち。

海がどんな感じか見に行くと、


あら。



入れないじゃん。

沖にはボートがたっくさん来てるけど。




駐車場にいたダイビングショップのスタッフらしき人に聞いてみたところ、青の洞窟へは今日はツアーのボートでなら行くことができるそう。
「今から電話してもOK」と言うので、オフィスに電話して午後2時からのツアーに参加することに決定。
その前に、その人が教えてくれた真栄田岬の裏の浜に行ってみます。
サトウキビ畑をとことこ歩いて約5分。

ほお。



…て言うか、引き潮がすごい。



海にも入ってみましたが、何しろ浅くて大変。


でも、人も多いし、浅いのに、そこそこちゃんとサンゴがあって、ちょっと驚きました。


さて、ボートツアーの集合場所に行く時間。
それまでに途中でお昼を食べましょう。

あ。ここ。ちょうどいいじゃない。


…と寄ったのがシーサイドドライブイン。


あれ?なんか見覚えある。

ドキュメント72時間でやっていたところじゃない??



「エグバーガー」「エグサンド」、、、


シーサイドサンドイッチとフライドチキンを。

店横の防波堤のようなコンクリートに腰かけて食べました。


さて、青の洞窟。

お店でウエットスーツを着込んで、港に歩いて移動し、ボートに乗り込みます。
私たち以外は全員韓国人グループでした。妙なアウエー感の中、ライフジャケットを着けて出発。

洞窟入口手前が波とうねりで荒れている感じなんだけれど、とにかくボートも人も多くて、大混雑。
その中をガイドさんから離れないようにみんなで頑張って泳ぐ。
水中を見ればはサカナと体験ダイビングの人の群れ。
すごいなあ、、、

洞窟の中も水面も水中も人でいっぱい。
青さより人の多さにびっくり。

しばらく青がきれいな場所でぷかぷか浮いて休んでいたら、ガイドさんが「今日はガラガラです」と。
普段はもっとすごいらしいです。
洞窟入る順番待ちがすごいし、青い水を撮影するのも人が多くて至難の業だそう。

へえ・・・・

ならば、まあ、今日でよかったのかも。







洞窟から出たらしばしシュノーケルタイム。
お麩で餌付けしているのでサカナが寄って来る。←あまり好きではありませんが。




その後ホテルに戻り着替えて那覇へ。

この日の夕食は夫の昔の友人と会う予定です。

指定されたぱやおへ。
沖縄料理あれこれいただきました♪


夫の友人、ご両親が沖縄の人なんだけれど、終戦後親戚同士で東京に来ていたんだとか。
で、友人ご自身は東京で生まれて小学校中学校に通っていたんだけれど(夫はそのころの同級生)、沖縄が返還されたので家族揃って沖縄に戻ったんだそう。
中学生の友人君は当然まったく知らない土地・沖縄への転居はすごくいやで、転校してしばらくは「何しろ言葉がわからなくて」東京に帰りたくて帰りたくてしかたがなかったと言ってました。
お話おもしろかったな。
この年になってまた会えてよかったね。



|

« 座間味島&沖縄本島⑦ | トップページ | 座間味島&沖縄本島⑨ »

2018 Okinawa」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 座間味島&沖縄本島⑦ | トップページ | 座間味島&沖縄本島⑨ »