« グリフィス天文台 | トップページ | 自動車博物館 »

ラブレア・タールピッツ

今回どうしても行きたかったのがタールピッツ。
ロサンゼルスの街中で自然のコールタール(アスファルト)がふつふつと湧き出ているのを見られると聞いて、長年一度行ってみたかったの。どんな感じなのか見当がつかず、いいのか悪いのかわからなかったんだけど、近くに滞在しているこのチャンスは逃すまいと、興味なさげなダンナを半ば無理やり連れて行きました。

LACMA(ロサンゼルス郡美術館)に隣接する敷地にあり、見学の小学生多数派。
まずは氷河期に関する3Dフィルムでお勉強。←有料だったんだけどこれを見ておいてよかった。タールピッツの成り立ちがわかりました。
粘度の高いタールの池にそうとは知らず足を踏み入れてしまった動物たちが抜けることができずタールの層に沈んで行きます。そんな動物たちの化石、骨が大量に見つかり、今なお発掘中。





室内で骨の展示を見て、屋外のタールの池、湧き出ているポイント、発掘作業現場をぐるりと歩いて見学。
お天気よくてカラッとしていて散歩気分で回れて楽しかった。
行けてよかったです、ほんと。

|

« グリフィス天文台 | トップページ | 自動車博物館 »

2018 Oahu & Los Angeles」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グリフィス天文台 | トップページ | 自動車博物館 »