« Pike Place Market | トップページ | ボーイング工場Future of Flight見学 »

Skagit Valley Tulip Festival

4月9日(日)

ベルタウンコート1階にあるマクリナベーカリーで朝ご飯を食べ、パイクプレイス・マーケットまで散歩。


で、この日の行き先はシアトルの北。

ボーイングの工場見学に行くんだけれど、方向同じなのでついでにスカジットバレーのチューリップフェスティバルに行ってみます。

先日シアトル着いて最初に入った店で、店員のお姉さんと「今着いたところなの~。シアトル初めて」なんて話してたら、「チューリップフェスティバルに行くといい」と言われていたので気になっていたのでした。
(実はそのお姉さんの「Tulip」の発音がどーーーしても聞き取れず、何のフェスティバルなのかさっぱりわからないでいたら、「Skagit Valley Tulip Festival」と紙に書いてくれたのでした。
それを見て彼女が盛んに言っていたのが「チューリップ」とわかり、びっくり。
そんな言葉が聞き取れないなんて私の英語耳って一体なに????)

そのメモ大切に取っておいたのでね、行くわー。

目指すは100キロ北のマウントバーノンです。Go!

フリーウェイを走っていると何しろキャンピングカーとキャンピングカー屋さんが多い。

この辺じゃあ一家に一台って感じなのかな。
キャンピングカーがすごく根付いている感じ。

こんなボートも走ってます。



お天気もまあまあよく右手の(東側)の山々を眺めたり走る車を眺めたりしていたらマウントバーノンに。
iPhoneマップには「スカジットバレーチューリップフェスティバル」と入れてあったのですが、到着したところはスカジットの街の中心にあるフェスティバルのインフォメーションセンター。
そこで周辺の地図をもらい(無料)見どころを教えてもらって再出発。

チューリップ畑に近づいて行くにつれ渋滞。
のろのろ走っているので周りの景色が見られてちょうどいいくらい。

桜があちこちで咲いています。

桜を見るとなんだかワクワク〜〜❤︎

チューリップ畑が見えて来ました。





途中のRoozen Gaardeという観光農園的なところにみんな入って行くので私たちもそこの駐車場に車を止めて中に入ることに。

車で来る人、自転車で回っている人などで大変な賑わい。


チューリップと言えばオランダですものね。
そしてオランダと言えば風車でしょう。


チューリップはまだ3〜5分咲き程度かなあ、、、






桜は見頃。





水仙は満開です。




写真撮りまくり。


それにしても畑の中は足元がぬかるんでいてどろどろ。
周りを見ればみなさん長靴履いてます。


そっか。長靴ってこう言う気候なところで履くものなのね。アメリカアウトドアブランドには長靴だったり防水になってきるブーツが多いのも納得。雨も多いアウトドアには確かに必要です。


もともと農園のようなので、ここでチューリップの球根を買ったり、屋台でケトルコーン買ったり、畑で花を見たりととにかくのんびり。やっと来た春をみんなで満喫して要る風でした。


これがケトルコーン。ポップコーンに非ず。

ちょい甘めです。甘しょっぱい感じがうまい。

Roozen Gaardeを出て、地図を頼りにもう少し周辺の花畑を走って、次の目的地エバレットに向かいました。







|

« Pike Place Market | トップページ | ボーイング工場Future of Flight見学 »

2017 シアトル&ポートランド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Pike Place Market | トップページ | ボーイング工場Future of Flight見学 »