« クルーズ5日目・イスタンブールの1 | トップページ | クルーズ5日目・イスタンブール・船に乗り遅れる! »

クルーズ5日目・イスタンブールの2

※2013年5月のクルーズ旅行の旅行記です。[26]

お昼は、アヤソフィア正面玄関の斜め向かいあたりにあるカフェレストランで。
P5161912

P5161878

ここもコスタの日本人ホステス・カネコさんに聞いたところです。

ハセキと言うテラスカフェ風なお店。
P5161877

奥はハセキ・ヒュッレム・スルタン・ハマムという高級スパになっているようです。
P5161909

トルコっぽいものをと思ったけれど、メニューに羊肉はなかったなあ。(写真入りメニューなので見やすい。)

ビーフの薄切り肉の焼いたものと、チキン、そして白いんげん。それにチャイ。
P5161905

P5161904

P5161903

4

この白いんげん、冷たくて、食べたことない味付で、割りとおいしかったんだけれど、4人で全部食べたら翌日からみんなしてお腹がゆるゆる~(^^;) 白いんげん効果を身を持って知りました。

他のものもクセがなく、おいしくいただきました。

P5161911

水パイプがずらりと用意され、吸っている人も。
P5161898

P5161899


魅惑の水パイプメニュー。
5


こんな感じで楽しんでます。
写真撮らせて、と言ったら快諾してくれたのですが、一緒にいチャドル(黒装束)姿の女性の撮影はNGだそうです。
P5161900





そして次は、アヤソフィアの横を通り、トプカプ宮殿へ向かいます。
P5161916

___2

スイカ売り。
P5161915

トプカプ宮殿は、15世紀中頃から19世紀中頃までオスマン帝国の君主が居住した宮殿だそうで、
もちろん詳しくはWikipediaにお任せするわけですが、>>
イスタンブル旧市街のある半島の先端部分にあり、ボスポラス海峡とマルマラ海、金角湾に囲まれた丘に位置する景色バツグンのところで、基本的に敷地が庭園様となっているので散策するのにはいいところです。
P5161920

P5161921

P5161919

見どころはなんといっても宝物館で、すごい財宝がずらずらと飾られています。

有名なのは、86カラットの巨大ダイヤが輝やく「スプーン職人のダイヤモンド」、柄の部分に巨大なエメラルドが3つあしらわれた「トプカプの短刀」、数千個のダイヤがちりばめられた「黄金の燭台」などなど。
その他金キラの玉座、金キラのハンドバッグ、フラスコなど豪華絢爛なものがこれでもかと続くわけですが、あまりにすごすぎて目が疲れてしまいます。
それにしてもここもすごい人。行列して中に入り、少しずつ進んで見て行く感じでした。
でもここに行ったらこの宝物館は見ないとね。

それにしても、色々な人がたくさんいて、そっちもすごくおもしろい。
こんなアラビアンナイトみたいな服装、ヘアスタイルの男の人、今でも普通にいるんだ!…な人たちがいっぱい。
仰天の世界です。

___1
まあ、この人は特別にしても、、、

その後地下宮殿に向かいます。
詳しくはこちらにお任せ。Wikipedia>>

最初にトラムを降りたあたりにありました。
が、入場料を払うキャッシュが手持ちでなく、入るのは断念。…て言うか、ブルーモスク、アヤソフィア、トプカプ宮殿で結構満足していたし、時間的にもそろそろグランドバザールに行きたかったので、地下宮殿はカット。

歩いてグランドバザールに向かいます。
P5161927

それにしても暑く途中スタバで休憩。(^^;)
私の名前は「ロリコ」??
___3

そこから10分もかからずグランドバザー(グランバザール)到着。
正式名称は「カパルチャルシュ」。屋根付き市場という意味だそう。日本では英語での名称「グランドバザール」と呼ばれています。
「all about」のサイトが詳しいのでこちらをどうぞ。>>


ここがまたすごい。
上野のアメ横、ソウルの南大門市場をもしのぐ規模で(笑)、とにかく迷います!
まずは入口の番号を忘れないように。写メしておくのがいいと思います。
___4

P5161931

気になるものがあると、ついそっちに向かってしまい、結果的にグルグル回ってしまうので、そりゃ迷うわな。

可愛い陶磁器、タイルとか、
ランプとか、
(ガラタバザールのHPより)
なんか欲しいです。

商売熱心すぎるところはこっちが引くし、あまりに無関心なところは買いにくいし、買い物もなかなかはかどりませんが(^^;)、トルコデザインのチューリップ柄がかわいいトランプや缶を見たり、食器屋さんやランプ屋さんを見たり、スパイスやお菓子屋さんを見たり。皮製品も有名だし、あっちこっち歩き回ります。

スパイス屋さんでサフラン、胡椒、ハーブティ(結構ワイルドな感じ)を買い、ターキッシュデライトと言うギュウヒのおうな名物のお菓子を自分でフレイバーや中身をチョイスして詰合せてもらいます。
11

12

とりあえずそんなものを買って、時間はちょっと早かったけれど、そこからトラムに乗って船のターミナルに戻ることにします。

|

« クルーズ5日目・イスタンブールの1 | トップページ | クルーズ5日目・イスタンブール・船に乗り遅れる! »

2013地中海クルーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クルーズ5日目・イスタンブールの1 | トップページ | クルーズ5日目・イスタンブール・船に乗り遅れる! »