« UL104→UL460で帰国へ | トップページ | Eddie BauerのHAPPY BAG。 »

スリランカ、コロンボの空港

10/19(水)の6

スリランカの首都コロンボのバンダラナイケ国際空港に到着。
一旦機外に出て成田行きの飛行機の乗り換えです。

周りの人に混ざってぞろぞろと歩いて行くと売店が。
カシューナッツ屋さん。
R0011626

スリランカはカシューナッツの産地なんでしょうか。
ずらりと並ぶ大粒のナッツを見ていたら買わねばという感じがむくむくと湧き上がり、誰かにあげるのと自分用にいくつか買ってみます。
Img_1917

ローストタイプは、焦げ目もこんな感じで素朴すぎます。
Img_1918

で、このカシューナッツ、本当においしかったなあ。
食べ出したらなくなるまで止まらないナッツ地獄に陥りました。

カシューナッツを過ぎたら今度は紅茶の売店が次から次へと現れます。
セイロンティの国だものね。
そうよ、ここで紅茶を買えばよかったのよ。
R0011627

R0011629

ディルマの売店も見えたので迷わずそこを目指します。
R0011628

後から続々と入店して来た中国人達に負けじと頑張って選びます。
店員さんにアドバイスしてもらい、自分用にいくつかとティーインストラクターをしている友人にもセットをひとつ。
少し奮発しておいしいものを買いましょう。

自宅用の紅茶。
左からお気に入りのミントティ、ティーバッグ大箱、ホワイトティー。
Img_1923
真ん中の箱は「ミルクティ用の濃くておいしいやつ。ティーバッグで量が多いの」と言って選んでもらったものです。
中はこんな感じになってました。
Img_1924

上の右の缶はホワイトティーなるもの。
別のを選んでいたら「こっちの方が全然おいしい」と勧めてくれた方にしました。
缶入りだったので茶葉タイプかと思っていたんだけれど、開けてみたらティーバッグでした。
Img_1929

ひとつはこんな感じ。
Img_1928

ホワイトティーと言うくらいなので色は薄め。
Img_1927
味はもっと中国茶に近い感じかと思っていましたが、「紅茶」でした。



もうちょっと行くとシャレた感じのお店もあります。

ODEL」と言うらしいこの店、スリランカの野生動物をモチーフにしたTシャツや雑貨などがかわいい。
Tシャツ、SIG風ボトル、リストバンドなどを子ども達などに購入。
Img_1920

世界動物愛護デーのキャンペーンTシャツ。
Img_1921

Img_1922


PROTECT
LOVE
CARE
&
SPREAD THE WORLD

です。

モルディブに比べると、スリランカ、すごく洗練されています。
空港職員の顔つきも、そう思うとぐっと都会的でした。


スタバ風のティースタンドやマーケットなどまだまだありそうで見たいところがたくさんですが、ふと気づくともう搭乗時間。
…て言うかどうもモルディブとスリランカでは時差が30分あるらしい。誰かそんなこと教えてくれたっけ??
もしかしたら搭乗時間過ぎてるかも???

急いでゲートに向かいます。
当然のことながらラウンジで休む暇もなし。

そのまま機内に入り、後は成田まで。

帰りの機材は、Cクラスが三列。ほぼ満席でした。
R0011634


相変わらずCAさんのお腹が気になります。
Img_1910


再び機内食。
R0011639

R0011638

R0011637

R0011640

R0011641

R0011642


どれもまずかった。

そしてサービスすこぶる悪し。

往きの飛行機も「なんだかな」な感じでしたが、それでもまだ素朴なヤル気みないなものは感じましたが、帰りのスタッフはなんだかヤル気もなさそうな感じ。ドリンクサービスも、言わなければアルコールは出て来ないし(ないのかと思ったくらい。でも言ったら普通に出て来た)、到着前の軽食時には声も掛けられず(まあどっちにしても食べないからいいんだけれど)、「何か飲みます?」というのもなく(往きにはあった水のボトルも配られなかったな)、でものどが渇いたので最後に紅茶をもらいました。

R0011646

このティーセットはいいのよね。
紅茶もおいしいし。



10/20(木)午前11時50分。長いフライトの後成田到着。
涼しい!
アメックスのカードを使い重い荷物は宅配してもらい、リムジンバスで新宿まで。
地下街で立ち食いそばを食べ家に帰り着きました。
夢から覚めた瞬間です。

|

« UL104→UL460で帰国へ | トップページ | Eddie BauerのHAPPY BAG。 »

2011秋モルディブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« UL104→UL460で帰国へ | トップページ | Eddie BauerのHAPPY BAG。 »