« UA新シート | トップページ | UA機内販売 »

機内サービス

UAホノルル路線の機内食です。
ラウンジでは何もなく搭乗してもなかなか食事のサービスが始まらず、お腹ぺこぺこです。
食事が始まった時モニター端に表示される残り飛行時間が4時間半ほどになっていて、びっくり。
焦ります。
早く食べて寝なくちゃ、と。

行きは洋食、和食から和食をチョイス。

前菜。
ブレブレです~(^^;) 興奮していたのでしょうか。
Image599

メイン。
普通においしかったです。ご飯がお茶碗に盛られているのがうれしい。
Imgp2131

デザート。
チーズとぶどう。それにコーヒー。
Imgp2132

ご飯を食べながら『The Reader(愛を読むひと)』を見ました。
なかなかいい映画だったな。
日本語吹き替えがなかったので英語で見たため、いまひとつ(や、ふたつもみっつも)つかめないところがあり、それに映画だと端折っている部分も多そうで、もっとちゃんと内容を知りたくて帰国後早速本を買ってしまいました(英語翻訳版)。

食後それから低血圧か何かですごく気分が悪くなり(/_;)、黙々と寝ていたのですが、結構熟睡してしまったようで、ホノルル到着前の朝食はすっかりスルーされてました。(^^;)
なのでどんなものが出たのかはさっぱりわからず。。。(-_-)


帰りの機内食です。

こちらも洋食、和食から選ぶのですが、帰りは洋食を選んでみました。

前菜。
Imgp2495

メインのお肉。味付け濃いめだけれど柔らかくておいしかったな。
Imgp2497

付け合わせは大根や椎茸。
煮物です、ほんとに。
でも日本人の私には全然オッケーなお味。


到着前のスナックは、フルーツプレートかトンカツから選びます。
お腹も減っていなかったので「じゃ、フルーツで」と言ったものの、その前にビールもらっていて飲んでいる最中で、ビールとフルーツって全然合わないのであわてて「やっぱりトンカツにしてください」とカツに変えてもらいました。(^^;)

小さなとんかつ定食風。(実際はお肉はチキンだったような…)
Imgp2498


帰りは『お買いもの中毒なわたし』『The Curious Case of Benjamin Button(ベンジャミン・バトン数奇な人生)』を。

お買いもの中毒の方は前に原書「CONFESSIONS OF A SHOPAHOLIC」を読んでいたので楽しみにしていました。映画館に見に行くほどではないけれど、機内で見るにはちょうどいい感じ。
それにしても原作では舞台はイギリスなのに映画はニューヨーク。
ディズニー、大胆です。
ブリジットジョーンズやノッティングヒルなどの英国調のが好みかなー。
そう言えば愛を読むひとも舞台はほとんどドイツですが登場人物の話す言葉は普通に英語です。映画なんでそういうものかもしれませんが(いえ、ほんと、たいていそうですが…)、画面やトーンの渋さとちょっと違和感。。。(考えすぎなんですよね。)


ところで、今回のUA、映画、延々とやっているんですよ。
今までの経験だと、着陸態勢に入ると「長らくお楽しみいただきました機内放送はただ今を持ちまして終了させていただきます。お使いになられましたヘッドセットは回収にうかがいますので…」とか何とかいう作業があったと思うのですが、ないの。

なので着陸してる最中もターミナルに着いてもまだ映画やってるの。
ベンジャミンバトンはすごく長いお話で、結局最後まで見られなかったんだけれど、成田に着いてお客さんが降機し始めてもやっていたから、いつまで見ていていいのかわからなかったけれど、さすがにそれ以上見ているのも何なんで途中でやめて降りました。(^^;)

|

« UA新シート | トップページ | UA機内販売 »

2009カウアイ&オアフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« UA新シート | トップページ | UA機内販売 »