« ナオツアー | トップページ | 入間→草津 »

オリャンタイタンボへ

今日のホテルは「インカの聖なる谷」にある村のひとつユカイ。
これはクスコから標高の低い谷あい場所の一旦降りて1日滞在し、体を高地に順応させる意味もあります。

まずは車でクスコを出て、インカの聖なる谷への旅が始まります。

丘の上から見たクスコの街並み。
Imgp0257

そして田舎の山道をすごいスピードで走る私達のバン。途中雨がざーざー降ったりするもお構いなし。思い出したようにペルー民謡のCDを流してくれます。(「コンドルは飛んでゆく」とかの。)何かあったらイヤなのでしっかりシートベルト締めましたさ。

雨、しっかり降ってます。
Imgp0260


すでに道行く村人達は普通にインカの服装。カラフルなショールに腰の張った膝丈フレアスカート、それに山高帽です。背中にはたいてい赤ちゃんかカゴ。
その姿を見つけるたびに「おおお~~~」と小さく感動。

小さな村々を抜け、塩田のあるマラスを通り、1時間ほどでウルバンバ。
そこからオリャンタイタンボへ向かいます。

ウルバンバを過ぎると左右に美しい山の景色。
こういう風景ってなぜかほっとします。
遠くの5000~6000メートル級の高い山には雪が残っています。
近くの低い山々はハワイで見るようなひだひだの山肌。
のどかです。

しばらく走りオリャンタイタンボ/Ollantaytanboという村に着きました。

石畳の舗装。とても静かな村です。
Imgp0268

インカ時代から使われている水路。
Imgp0269

このウルバンバ、オリャンタイタンボからマチュピチュまでの一帯は「インカの聖なる谷/Valle Sagrado de Los Incas」と呼ばれています。

まずはここの広場でランチ。
ガイドさんに「好きなお店で食べて来て」と言われ小さな広場を一回り。
Imgp0261

適当なカフェに入ります。
Imgp0264

カルボナーラとカフェオレ。
Imgp0265

見た目ぐずぐずなんですが、意外とおいしかったスパゲティ。
Imgp0266

素焼きの器と言い、テーブルもカフェの外観も素朴なんですが、実際見た目ほどかわいくはなく(^^;)、なんか全体的にガタガタザラザラな感じ。最初はカフェの中に入ったのですが、店内のあまりのボロボロさに辟易し、外に出て来たわけです。

人は多くないのですが、こんな大型バスも来てました。
Imgp0267

9日目3/31 マチュピチュツアー1日目/オリャンタイタンボ

|

« ナオツアー | トップページ | 入間→草津 »

2008ブラジル・ペルー」カテゴリの記事

ペルー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナオツアー | トップページ | 入間→草津 »