« 衝動的に… | トップページ | イグアスの滝・ブラジル側 1 »

アルゼンチン・ブラジル・パラグアイ3国国境エリア

10時にロビーにガイドさんのピックアップ。
今日は夕方サンパウロへのフライトまでブラジル側の滝を見ます。それまでの間、大きなスーツケースが2つあるし、これを持っての移動や観光の手段を考えるのが面倒で、荷物の保管も兼ねて現地ガイドを頼みました。日本で手配してあったのですが、現地のランドオペレーターはツニブラという旅行会社。ここの日系人男性タカオさんがこの日のガイドでした。

ホテルを出てまずはアルゼンチンのプエルト・イグアスの街を車から眺めます。
R6083938

赤土の田舎町です。
ひなびた感じが好きかも~
たまにツーリストが歩いてる姿も見かけます。

そしてアルゼンチンから、ブラジル・パラグアイの国境をのぞめるポイントへ。
イグアス川とパラナ川が3国を分かっています。

なぜか庭園調のエリアがあり花が咲き乱れていたり、土産物屋が軒を連ねていたり、やっぱり観光スポットではあるようです。(ほとんど人いなかったけれど。)
R6083952

R6083954


立っているところがアルゼンチン。
茶色い屋根が見える右手がブラジル、左手がパラグアイです。
R6083945

アルゼンチンのこの見晴台には立派な記念碑。
R6083941
誇らしげに立っています。


薄紫のちょっと桜を思わせるような木。
R6083955

「酔っ払いの木」と呼ばれているとか。木の幹がビールっ腹のように膨れていて根元がよれているからだそうですが…。
R6083955a


「今日は時間がた~っぷりあるので、したいことは何でもどうぞ」と言われたので「じゃあパラグアイに行ってみたい」と言ってみたら「道路がすごく渋滞するので無理」とあっさり却下されました。(笑)
パラグアイ、すっごく物価が安いんだそうです。特に電気製品とか。越境して買い物に行くらしいんですよね。(ま、電気製品を今ここで買う必要はまったくないんですが…。

それに、そんなに時間があるんだったら、お迎えの時間をお昼くらいにしてアルゼンチンの国立公園をもうちょっとゆっくり見ればよかった…と思ったけれど、来てみないとわからないですからねー。しょうがないか。。。

その後ブラジルに戻ります。
国境の友好の橋を渡るとき、タカオさん、「途中までがアルゼンチンのブルーですね。ここからブラジルの色になります。ブラジルの色は美しいですね~」とほれぼれ語ります。
その後も言葉の端々にブラジル礼賛があり、やっぱり自分の国が好きなんですねー。

5日目3/27 イグアスの滝2日目

|

« 衝動的に… | トップページ | イグアスの滝・ブラジル側 1 »

2008ブラジル・ペルー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 衝動的に… | トップページ | イグアスの滝・ブラジル側 1 »