« クラマト/Clamato | トップページ | LAギャラクシー@ハワイ/L.A. Galaxy »

ヴェンタリオ@マンダリンオリエンタル東京

この間の月曜日(10/8)日本橋におととしオープンしたホテル、マンダリン・オリエンタル東京「ヴァンタリオ」にお昼を食べに行きました。

先に家を出ていた娘とはマンダリンオリエンタルの38階のロビーで待ち合わせ。(レストランは実際は三井タワーの2階アトリウムエリアなんですが。) 

おトイレ借りてソファに座って待たせてもらいました。

小さいホテルだけれど重厚な雰囲気かなー。 なんてったって6つ星ですからね★★★★★★

R6082470

お化粧室も素晴らしい。
R6082469

全員集合して2階のヴェンタリオへ。
R6082489

ランチバイキングです。
ビュッフェとかバフェとも言い、食べ放題とも言う。

R6082490

天井がと~~っても高く、窓も大きく、明るくカジュアルな雰囲気です。
R6082484

R6082485

吹き抜けになっていて、3階のバンケットエリアを歩く花嫁さんの姿もちらほら。やっぱり美しいわ~。今日は日がいいのかしらねと話していたら、後でわかったのですが、この日は神田うのちゃんも結婚式をしてたのね。

イタリアンのビュッフェということですが、特にイタリアっぽくもなくお野菜が多くてナイスです。
それにひとつひとつが繊細でおいしい。

ただ、お料理の盛りが上品で、尚かつお皿も上品なので、ついお皿に盛るのも上品を目指してしまうのです。きれいに盛り付けたくなっちゃうの。

盛り付け例1
R6082471
 ↑
これは夫の。きれいでびっくり。

盛り付け例2
R6082476
 ↑
娘の2皿目。トマトの冷製スープうまし。

でも盛り付けにこだわると結果的にひとつひとつがすごい少量になってしまうので、敢えて上品な盛り付けにはこだわらず、食べたいものは多く取るのがヴェンタリオ攻略のカギかと思われます。
バイキングの割りに「もーお腹がはち切れそうっ!!」という状況にならなかったんだわ。


ホットミールのエリアが混雑していたので、先にローストビーフを。
R6082480

こんなに早い段階で主役とも言えるローストビーフに到達したのは初めてで、おかげでと~ってもおいしくいただくことができました。
ビーフだけじゃなくてポークの塊もありました。

暖かいシリーズ1
R6082486
 ↑
わたしの。

暖かいシリーズ2
R6082477
 ↑
娘の。長方形のお皿もあります。

お皿がいくつかあるので、自分の好きな盛り付けを楽しめます。(笑)


デザート。
R6082488
もっと色々、スポンジ&クリーム系、焼き菓子系、パンナコッタ・ゼリー系など色々あったのですが、盛り付けがきれいにできず撮影不能。
たまにバイキングだとデザートが見た目だけであんまりおいしくなくがっかりってことあるけれど、ここのは小さいカットでどれもおいしかったわ。コーヒーか紅茶もついていたしね。

ここ、当日の朝予約の電話をしたところ、きちらの希望の12時半は空いてなく1時半からならOKとのこと。
人気あるのかしらねー。
週末は4,200円なのでちょっとお高いですが、平日は2,700円なので平日は狙い目なんじゃないかな。内容がどの程度違うのかは今度チェックしてきます。(笑)

実は今月末にも平日にまた行く予定なの~。(どんだけ~?)

* * *
ここからちょっとヒトリゴト。

ああいうバイキングってどうしてもハワイのサンデーブランチとかラスベガスのバフェと比べちゃうんですよ。

なので日本の普段の生活では、お高いな~というお値段4,200円も、いえ実際にはサービス料が10%加算されますので4,620円というお値段も、ドル換算でおよそ38.5ドルになり、サンデーブランチあるいはラスベガス高級ホテルのランチバフェの価格と同程度です。

お料理もきれいでおいしいし(味を比べたら日本の方が断然おいしい)、
食器も清潔でステキだし(ハワイのロイヤルハワイアンの食器はあんまりキレイじゃなかった)、
サービスも気持ちいいし、
店内も明るくていいんだけれど、
なんだろう? 何かが物足りないのー。

やっぱり圧倒的なボリュームと豊富なメニューあってのバイキングを期待しちゃうのかなー、わたしのイメージとしては。

今年行ったバイキングって柿安の三尺三寸箸とヒルトン小田原のランチとサンバレー那須の宿泊についていたお食事くらいなんだけれど、どこもとも動けないくらい満腹になりました。
なのでデザートなんて、食べたくても、ほんのちょびっとがいいところ。
なので、ま、逆に言えば、今回はデザートまで味をしっかり堪能できた初めての体験でした。

ここにはまた近々食べに行くし~(笑)、次回はもっとしっかり食べてみようっと~

|

« クラマト/Clamato | トップページ | LAギャラクシー@ハワイ/L.A. Galaxy »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

おお~、美味しそう~。
それに吹き抜けが気持ちよさそう~。

うふふ、私も明日行ってきます!
楽しみだわ~。

のりさんが言うようにやっぱり海外で食べるとなんとなく違うわよね。
日本も最近はブッフェが当たり前のようになってみんなの舌も肥えてきたので美味しいけれど。

そうか~、いつも美味しいローストビーフに当たらないけれど、いつも他のものでおなかがいっぱいになるのがよくないのねぇ。

投稿: のあ | 2007/10/12 17:38

すごい・・!吹き抜けが高くて解放感ありますね~
平日 2700円にトキめきました。行く!絶対行く~~

ホント、言えてますね~
日本の方が、味もよくて、食器綺麗、盛り付けお上品なんだけど
ワクワク感がないんですよ~
どれも想像できる味で無難すぎるのかな・・
ハワイやベガスのドカ盛り、これいったい何??の料理。
不味ければ、笑いのネタ、美味しければ意外で幸せ♪の
ロシアンルーレットバフェみたいのが面白くて楽しいんですよね。。

話変りますが、LOST!見ましたか?
気になっていたロックのオヤジの正体が驚き!
そうきたか~~ シーズン3は少し中だるみしていたので
だんだん面白くなってきました!


投稿: まのあ | 2007/10/13 00:52

のあさん、

見つかっちゃったか(>_<)。
のあさんがここ行くって聞いて、色々見ていたら私もすごく行きたくなっちゃって、つい行ってしまいました~

ビュフェ、楽しんで来てね!

投稿: のり | 2007/10/13 10:13

まのあさん、どうも(^^)。

> ハワイやベガスのドカ盛り、これいったい何??の料理。
不味ければ、笑いのネタ、美味しければ意外で幸せ♪の
ロシアンルーレットバフェみたいのが面白くて楽しいんですよね。。

そうそう。それかもー。
一口食べた瞬間出会う未知の味…、見た目と全然違う味だったりして、結構笑えますよね。


で、ロックの話。(笑)
まだその前までしか見てなくてー(常に1話か2話たまってる)、この間見たのはサンの回だったんだけれど、ソウルの街並み、チャイナタウンの川のところで撮ってましたよね~。
で、ロックの父さん。実は、あの人がロックの父さんだったんでしょ? そこだけは知っているんだけれど、見るの楽しみだわ~。
いよいよそこの真実を知る時が来たわけですね。(ワクワク)

投稿: のり | 2007/10/13 10:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴェンタリオ@マンダリンオリエンタル東京:

» 和食器があります! [和食器 通販]
和食器 通販 [続きを読む]

受信: 2007/10/11 15:24

« クラマト/Clamato | トップページ | LAギャラクシー@ハワイ/L.A. Galaxy »