« ハワイの地震 | トップページ | ラスベガス&ハワイの旅メモ 2006.10月 »

ワイキキホテルの状況(ハワイ地震)

母のいるヒルトンの10月16日地震当日の停電状況です。

非常用の自家発電は行っていた模様。ついていたのは廊下、各戸のロックシステム、館内放送、電話、そしてなぜか駐車場棟の電灯。予約システムが稼動していたかどうかは不明。それ以外はまったく電気のない状態です。

給水もストップし、配管内に多少残っていた水を使い切ったところで水もアウト。トイレはレインボータワーのロビーにあるものが利用可。
エレベーターは全て停止。後にダイアモンドヘッドタワー、ラグーンタワー以外のタワーで1棟につき1基運転開始。当然客室からの出入りは非常階段ということになります。
母は11階に滞在しているので、まだ良い方…かな。高層階の方はさぞかし大変だったでしょう。

朝ロビーにてパンとジュースの配布あり。(説明会で使っているペストリー類と思われます。)夕方ロビーに置いてあった水3本とペンライトをもらったとか。(館内電話で懐中電灯の有無を問い合わせたときは「ない」との返事だったそうだけれど、ロビーまで出向けば多少の用意はあったようです。)

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ内の全ての店舗、レストランがクローズ。abcストアのみ営業。一度に5人程度ずつ入場させる方式を取っていたそうです。レジが使えないため決済は現金のみ。

周辺は信号もストップ。The Busは運行していたようです。
ワイキキ、アラモアナのお店もすべてお休み。
マノア・マーケットプレイスのセイフウエイが営業していたという話を聞きました。


当初午後5時には電気が復旧する予定という話もあったものの結局ヒルトンに電力が戻ったのは夜10時15分。
その時には、それはそれは大きな歓声と拍手があちこちから沸き上がっていたそうです。

|

« ハワイの地震 | トップページ | ラスベガス&ハワイの旅メモ 2006.10月 »

ハワイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワイキキホテルの状況(ハワイ地震):

» ハワイの歩き方 [ハワイの歩き方]
ハワイはアメリカ合衆国の州の1つである。州全体が海によって囲まれている。有名なキラウエア火山から噴出性の溶岩が流れ出ているため、州域が成長を続けている唯一の州でもある。ハワイ諸島は島々及び環礁から成り立っている。 [続きを読む]

受信: 2006/10/17 22:57

« ハワイの地震 | トップページ | ラスベガス&ハワイの旅メモ 2006.10月 »