« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

4日目 移動日ロサンゼルス→ホノルル

10月9日(月)の2

ロサンゼルスからホノルルに向かう飛行機は、全員がハワイに行くんだと思うだけでなんだか気持ちがリラックス。約5時間半のフライトで機内食の提供はなく、5ドルのサンドウィッチと2ドルのプリングルスの機内販売がある。なんか列車みたいだな。

ハワイが近くなったとき機長のアナウンスあり。


「左手にビッグアイランド。キラウエアからの溶岩が海に落ちる素晴らしい景色がご覧になれます。」


左の窓側に座っていたのでシールドを上げ外を見ると海岸線で2ヶ所水蒸気がもうもうと上がっている。ああ、ハワイ島なのね。。。


そして、


「右手にも素晴らし景色が広がっております。海です。」



しばらくしたらまた、機長のアナウンス。
「今回のフライトにはスペシャルなゲストが乗っております。Mr.&Mrs.なんとか。ハネムーンで初ハワイのカップルです~。」
ぱらぱらと湧き上がる拍手。


オアフ島上空をハワイカイ、ダイアモンドヘッドを通過し、そのまま空港かと思ったら、コオリナまで飛び、いつものイヒラニリゾートを見ながらパールハーバーへ。高度をぐんぐん下げる機体。こんなにガンガン降下するんだっけ?と思っていたら、今度は急上昇。


そこで再び機長のアナウンス。

「えー。ロサンゼルスに乗客を忘れて来てしまいましたので、このままロサンゼルスへ引き返します。」
笑い声。。。。


再びコオリナを回り2度目の着陸態勢。今度はちゃんとランディングした。


ハワイだ~♪

外の地面が濡れている。雨が降っていたのね。
時差があるので到着は夕方5時半。レンタカーの予約をしそびれていたので、バゲージクレイムのところにあるデスクに行ってみたら人がいるのがエイビスだけだったので今回はエイビス。
ミッドサイズにしたらトーラスの新型にしてくれた。

PTクルーザーよりトーラスの方が感じはいいかも。
すっかり暗くなってしまったけれど、途中の与平寿司で食事をしてからホテルに行くことにする。通り道にあるからね。
夜で初めてのところなので余計そう感じるのかもしれないけれど、なんか暗い場所にある与平寿司。
しかしドアを開け店内に入るとお客さんがいっぱい。「いらっしゃいませ~」と迎え入れられ日本語のメニューを渡されるとなんだかつい笑ってしまう。見渡せば老若男女ほぼ全員が日本人及び日系人。
にぎりを注文。

Pa100219_2


やっぱりお寿司はおいしいよね~。お味噌汁っておいしいよね~。と言いながら食べる。

ファンシーなお店では全然ないけれど、板さんが日本のお寿司屋さんにいる板さん風で、また機会があったら来られるお店リストに追加。

与平寿司を後にし、ディリンガム・ブルバードを走っていたらいつの間にかその道がリリハ・ストリートになっていたので、ついでリリハ・ベーカリーに行ってみる。ココパフとシフォンケーキを買っておこう。…とリリハ・ベーカリーに着いたら、



やっていなかった。

そのままダイエー(現ドンキホーテ)に行き飲み物でも買っておこうかと思い行くが、7時くらい、なんだか駐車場がとっても混んでいて車をとめることができない。今日のところはあきらめ、ついでにお隣りにできたパラマ・マーケットに行ってみる。
パラマ・マーケット、あまりに韓国で私達には買うものがない。もうちょっと普通の品揃えかと思っていたんだけれど、韓国色が濃厚すぎだった。



やっとヒルトン・ハワイアン・ビレッジ到着。
チェックインすると「日本から来るお客さまはたいてい夕方にはチェックインされるのにこんなに遅くなってもいらっしゃらないから明日だったのかしら話していたところなんですよ」と言われた。

部屋は17階の海側1BR。
荷物を下ろしてTシャツ短パンサンダルに着替え下のお店を見に行く。ここは日本人が多いな~。
ぶらぶらと一通り見て最後にabcに行き、カットフルーツ、ビール、ワイン、グアバジュースを買い部屋に戻った。

ハワイはもわっと暖かい。
その暖かさが気持ちいい。


私はここに2泊。母はこれからハワイに7泊する。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

4日目 移動日ラスベガス→ロサンゼルス

10月9日(月)の1

8時のフライトでロサンゼルスへ行き、そこで乗り継いでホノルルに移動する日。
4時半に起き5時半にホテルをチェックアウトしレンタカーを返却し6時過ぎに空港到着。外はまだ暗いというのに空港には長い列。チェックインするのに1時間待った。

Pa100213
間もなくロサンゼルス空港。低くおおう雲。



9時過ぎにLAX到着。そのままNWのチェックインカウンターに向かい午後3時半のホノルル行きのチェックインを済ませる。全てスムーズに進み10時には自由の身となった。次に空港には2時に戻って来れば大丈夫だろう。
だったら空港からほど近いサンタモニカに行ってみよう。



タクシーでサンタモニカへ。心配していた渋滞もなく30分弱でサードストリート・プロムナードに到着。
…て言うかそのタクシー。外は普通なんだけれど中がスゴイ。
ドアを開けて乗るとき思わず「うっ」と唸ってしまった。ぼろい上床には何やらペルシャ風のカーペットが敷き詰めてある。アメリカ本土を実感した瞬間。


実は、本当はサンタモニカからもうちょっと離れたところにあるブレントウッド・カントリー・マートというところに行こうか迷っていた。いえ、行きたかった。小さなモールなのだがカントリー調に統一されていて床屋さんとか郵便局なんかもそれ風でとってもかわいいらしい。何よりそこにはイギリスのCath Kidstonのお店がある。
せっかくサンタモニカまで行くのならキャスのお店にどうしても行ってみたかったんだけれど、ラスベガスで結構買い物してしまい既に荷物がスーツケースに収まらずサブバッグを登場させていたため、これ以上の買い物は無理というネガティブな気持ちもあり、またちょっと遠くまで行って空港に戻るのにひやひやするのもいやなので、今回はのんびりサンタモニカだけにした。

(でもこんなチャンスもうないかもしれないから、やっぱり行っておくべきだったかなー、と今でもちょっと後悔してます。)



10時半くらいでまだ開店前のお店が多く閑散としているサードストリート・プロムナード。
それに曇っていて涼しい。サンタモニカの青い空はどこへ。


目の前にLe Pain Quotidienがあったのでそこで遅い朝食。
ニューヨークで出会ったル・パン・コティディアン。ベルギー生まれのパン屋さんなのだが、すっきりとした店内とおいしいパンとコーヒー、そして瓶ごとなめたいくらい大好きなプラリネペーストがあるお気に入りのカフェ。サンタモニカでまた会えるとは。

Pa100214


Pa100215


気持ちのいいひと時を過ごし、ぶらぶら歩いてサンタモニカ・ピアへ。
やっぱりサンタモニカと言えばピアですから。

Pa100216

Pa100217



「なんか雰囲気よくてどこかヨーロッパのビーチリゾートに来たみたいね~、行ったことないけれど」と母も喜んでくれました。ほんとなんかそんな感じだった。

サンタモニカ、好きだな。。。


その後サードストリート・プロムナードに戻り端から端までゆっくり見て歩き、ウィルシャー・ブルバードのフェアモントホテルからタクシーで空港に戻った。

Pa100218
平日のお昼くらい。すいてます。


ただー、サンタモニカ。
ヨガマットなど持って颯爽と歩く人も結構見かけますが、



ホームレス、多いよね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

Las Vegas 3日目の2

10月8日(日)の2

食後の散歩を兼ねて、ウィンから向かいのファッションショーモールというショッピングセンターへ。
ZARAやGAP、アン・テイラーなどをのぞく。ここ、なかなかいい店揃い。ホリスターで娘に頼まれていたTシャツを買う。マネキンが着ている服はこの際きっぱり無視です。(笑) ラスベガスの中でこのホリスターが一番日本人密度が高かったな。

Pa090200


TIを抜け、次はベネチアン
どこに行っても感嘆ですよ、ほんと。やっぱりラスベガスってすごいよねー。

ホテルの前からしてベニス。
Pa090148


充分なスペースをとってあるホテル前の広場。
Pa090149


中に入ると重厚なフラスコ画が。(前に来た時は気付かなかった。)
Pa090151


ホテルの中にベニスの街が再現され、運河まである。
もちろんゴンドラも!
Pa090155




サンマルコ広場では即席オペラショー。
Pa090172


Pa090165

出窓から美男子登場。
Pa090168


歌います。

Pa090167




そして外に出ても現実とは思えないような夕暮れの景色。
Pa090178


Pa090176

ここでも母は「ねえ、この空は本物なの??」とまじめに聞いてました。




日も暮れた頃、そのままダウンタウンへ。
にぎやかなところを抜けると急にとってもさびれた怪しい雰囲気の街になり母焦る。薄暗いモーテルや質屋が続く。まさにそんなエリアで駐車場に車を入れたら「ここで降りるのか?」とかなり引き気味。「うん。ちょっと歩くよ」といやがる母に有無をも言わせず駐車場を出て1ブロックも歩くと、いきなりネオンギラギラのフリーモント・ストリート。人出も想像以上。

Pa090182


無料のショー・フリーモントエクスペリエンスがお目当て。
Pa090186

500メートルほどのアーケードの天井を巨大スクリーンにして、いろんなものが飛んで来たり踊ったりのショー。

YouTubeでもあるんですねー。ご参考までにこんなんです。
http://www.youtube.com/watch?v=gY0gl3nKA5s



その後フリーモントのアーケードの中にあるabcストアで買い物。(あのハワイのabcです)さすが我らがabc、わたしの欲しいものがちゃんとあるから好き♪

帰りのストリップは日曜日の夜だというのに今日も渋滞。
途中ガソリンスタンドで給油してホテルに戻る。




昼のバフェがかなり効いたので、夜はお部屋でマルチャンカップラーメン。途中のコンビニ・ウォルグリーンで買ったもの。
これがまたお腹にしみておいしかったです。(^_^;)



Pa090204
左上のピンクのアルバムはabcで買ったもの。
今回の旅行の写真をプリントしてこのアルバムに入れ母にあげました。
左下のロレアルのマスカラは娘に頼まれたもの。ウォルグリーンで。
あとはスーパーマーケットで買った食べ物など。



ラスベガスの日程はこれでお終い。明日はハワイに向かう♪

| | コメント (2) | トラックバック (1)

Las Vegas 3日目

10月8日(日)の1

今日は母に朝7時過ぎに起こされた。部屋で朝食。昨日と同じメニュー。

今日も午前中はまずお買い物~♪

今日の予定は、T.J.MaxMarshallsというRoss Dress for Lessみたいな安売りのお店巡り。フラミンゴ・ロードとメリーランドパークウェイあたりにあるというT.J.Maxへ向かっていると母が最初に行ったスーパーに行きたいと言い出す。メキシコのハバネロのサルサが安かったのでお土産にもっと買っておきたいのだそうだ。なのでまずはT.J.Maxのあるショッピングエリアのアルバートソンへ。
ちょうどその向かいに99¢Only Storesがあるのを母に見つけられてしまったので次はおのずと99¢ショップへ。
そう、すべてが99¢なんですもの、はまりますわよ。
え~こんなものが99¢~?!という驚きの連続。特にちゃんとしたメーカーものはかなりお値打ち。(例えばハワイのスーパーで3.29ドルで売られていたクリスタルガイザーの1ガロンの水がここでは99¢ですから。)

食料品だけでなく小物雑貨類が見ていて楽しい。文具、装飾タイル、本、カード類なんかも充実。(中には壊れてボロボロのもあるのでそれは避けないとね。)


香りものでAir Wickのスプレー(プルメリア&ワイルドローズ)やSnuggleの置き型芳香剤(ボタニカルブリスという香り)やカセット式スプレー芳香剤、アイボリー石鹸3ヶ入り(アロエとラベンダー)、絵本、アルバム、季節柄多かったハロウィンものの魔女の帽子、カボチャのぬいぐるみ、呪いのキャンディー、ミルキーウェイとチョコクランキーなどなど21点のお買い上げで21ドル少々なり。

Pa090194


すんごい楽しいですが、ただし客層はそれなり。ラスベガスのストリップではあまり見かけないローカル色の強い&ヒスパニック系の人が多かった。駐車場にとまっている車がみな結構ぼろくてちょっと引きました。


その後やっとT.J.Maxへ。
まったくロスと同じ雰囲気なんだけれど、陳列がやや整頓されていて見やすい。服を見た後、小物にはまる。
ただ99¢の後だったので、何を見てもそれなりに高く思えちゃう。(^_^;)

秋物をちょっとだけ買いました。

Pa090199


T.J.Maxでとても時間をくってしまったのでマーシャルズは次回のお楽しみということで、お昼を食べにホテル・ウィンへ。
Pa090117



ホテル・ウィン
一歩中に足を踏み入れると、おとぎ話のような夢の空間が広がる。明るくて華やかで、やっぱりこの雰囲気好きだな~。
Pa090118


Pa090128


バフェレストランに行くとさほど混んでいなくてラッキー。

Pa090131


Pa090136




ランチはバフェでサンデー・シャンパン・ブランチ。すでに3時。

Pa090133

お皿からして単なる円じゃなくてちょっとオシャレ。

あまり多くは食べられないので「単価の高そうなものだけ」選んで食べます。(笑)

Pa090137
ローストビーフもジューシーでおいしい♪ 下は塊を切り分けてくれるベーコン。



見た瞬間から食べたいと思ってしまった中華粥。
Pa090138



デザート。
Pa090142
種類も多くとても全部は食べきれないけれど、どれも美味♪
比べちゃいけないけれどルクソールのランチバフェとは全然違います。プリンも「本当に」おいしかった~。



ああ、 シ ア ワ セ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Las Vegas 2日目の2

10月7日(土)の2
5時に一旦部屋に戻り、着替えて再び出発。ショーを見に行くんです。
斜め前のサハラ・ホテルからモノレールに乗り終点のMGMグランドまで。
ふたりで9ドル。


サハラ駅ホームから北を見る。
Pa080073
ストラトスフィアのタワーと遠くに山。空がきれい。


メインストリートに面したホテルの裏を通るルート。裏から見るラスベガスの景色を堪能。(…と言ってもこんな建設中のコンドミニアムが多い。)
Pa080075


MGMグランドホテルに入りカジノを抜けシアターへ。
Mgm
外のライオンさんも有名ですがロビーにも。

6時半スタートの回のショー『KA』を見る。
前回のラスベガスで見た『Le Reve』があまりに良くてラスベガスのショーにすっかり魅入られてしまい、今回もショーは何かしら見ようと思っていた。今回選んだ『KA』はシルク・ド・ソレイユのもので舞台装置に一番お金がかかっているというのと、日本人バトントワラーが準主役で出演しているとのことでこれにした。
シルク・ド・ソレイユは、キダムとかサルティンバンコとかアレグリアとか、今また日本で始まるドラリオンのサーカス集団。フランス語のシルク(Cirque)=サーカス(Circus)で、基本はサーカスってことなんだけれど、私達の知る木村大サーカスやボリショイサーカスからは想像もつかないほど進化し洗練されている。


それにしてもラスベガス。
こんなシアターがいくつもあり、そしてこのショーも毎日2回公演で、それでも毎日毎日こんなに見る人がいることがすごい。そしてパーフォーマー達のレベルの高さ、肉体の素晴らしさには本当に感心してしまう。

Katheater
劇場からしてスバラシイ!


『KA』はそれなりにストーリーのあるもので、前半「あれ~シルクドソレイユでもこんなんかなー」とちょっと不安になったものの、中盤バトンのソロあたりから急に良くなり、後は最後まで目を見張る演技の連続で、やっぱり見てよかったーというものでした。(セリフはないので英語は必要ありません。)
ショー初めての母はもう大感激。「ショーって言うからレビューみたいの想像していたけれど、これは本当に素晴らしい。見てよかった~」と興奮していた。



その後再び夜のラスベガスを散策。MGMからパリスまで歩く。周りにもぞろぞろ歩く人多数。


Nyny
MGMグランドのお向かいはニューヨーク・ニューヨーク。



パリスに入るとそこは突然のフランス。

Front
パリスのフロントはベルサイユ宮殿調♪



おフランスムードに喜び、ついでにエッフェル塔に登ってみる。

Eifel


エッフェル塔(2分の1のレプリカ)の上は屋外展望台になっていて、そこからの夜景がまたお見事。ちょうど向かいのベラージオでやっている噴水ショーもそこから見ることができた。何度見ても素敵~。

View


View2


Fountain


母またもや感激して一言。「この夜景は世界一だわ」

エッフェル塔を下りパリスのショップを見て歩く。フランスらしいものが色々あって楽しい。

Village

Pa090208
ピンクがとってもかわいかったキーホルダー。「Princess」と書かれたプチタグ付き。


…て言うか母。ラスベガスのスケールにすっかり感覚が狂っちゃってて、今現在外なのか屋内なのか、今見えているこの空が本物なのかニセモノなのか区別がつかないらしい。


今日の夜ご飯は軽くクレープにすることにした。料理系ひとつとデザート系をひとつ買い2人でシェアして食べた。
Crepe


その後パリスからタクシーで部屋に戻る。11時半。この時間でも歩いている人はい~~っぱい。



そして夜中の1時くらい。まだまだメインストリートは渋滞しています。
Pa080120


| | コメント (0) | トラックバック (1)

Las Vegas 2日目

10時起床。部屋で朝食。オレンジジュース、パパイヤ、コーヒー。ベーグルにはハニーアーモンドクリームチーズをつけて。

まずはラスベガス・アウトレット・センターへ。
Pa080050

プレミアムアウトレットがブランド物を扱っているお店が多いのに比べ、こちらはローカルムード。そしてプレミアムアウトレットが屋外のショッピングセンターなのに対し、こちらは屋内型モールになっている。週末のお昼近く、地元の人たちでかなりの賑わい。砂漠で酷暑のラスベガス、室内で買い物ができる場所は地元の人には貴重なのかも。
そして、こんな近所に全てディスカウントされているモールがあるのなら、買い物全部ここで済ませばいいからいいなー。

駐車場からモール内に入ったところにあったのが皮のお店ウィルソン。この名前はチェックしていたので、まずは迷わずここに入る。
皮製のキャップ3つ買った。
Pa090202

2つ買うと1つ無料進呈だったので、2つ選び、もうひとつは母にプレゼント。それも定価40ドルのキャップがひとつ14.99や9.99にディスカウントされていて、さらにひとつ無料なんだからかなりのお買い得(と踏んだ)。


ナイキで息子達にシャツ2枚、袋2つ、夫にナイキゴルフのタオルなど。
Pa090205

ビラボンで夫に長袖Tシャツ(ホノルア・サーフのもの)。お隣りのクイックシルバーでロキシーのレディースTシャツ3枚。
Pa090206


最後に駐車場に通じる出口がある洋服屋さんで母が赤いカーディガンを買う。6ドルなり。よーく見たらアン・テイラーものもだった。
気付くと2時半。ああ、もっとゆっくり見たいし、こうなるとプレミアム~の方も行ってみたくなるけれど、取り敢えず今の買い物を切り上げお昼を食べなくては。


当初の予定ではパリスのカフェにでも行こうかと思っていたけれど、あんまり待つのもいやなのでルクソールのバフェに行くことにする。ここならアウトレットセンターからも近いし。
巨大なガラスピラミッドのルクソール

正面に立つオベリスク。
Pa080068

モノレール乗り場になってます。

反対を向くとスフィンクス像がででん。
Pa080069

後ろにガラス張りのピラミッドが見えるかしら。


ピラミッドの内部。
Pa080066


Pa080067




地下のファラオ・バフェはランチ13.99ドル。飲み物込み。

一応、前菜セクション、イタリアン、中華、メキシカン、肉それにデザートセクションと一通りのものがある。お味は普通にアメリカン。このお値段とピラミッドの霊安室を模したというダイニングスペースがおもしろいのでよし。

Pa080053


Pa080055


Pa080057


Pa080062


Pa080064All Sugar Freeのコーナー

デザートが、、、きっとそんなにおいしくないだろうからと(^_^;)小さなタルトとシュークリーム、そしてプリンを取ったんだけれど、タルトもシュークリームも×。一口食べてやめました。
Pa080061

プリンはおいしかった~。(「ここにしては」という基準だけれど。)

「わー、このプリンはおいしい!」と言って食べていたら、それを聞いた母はプリンを2つ取って来てこっちがびっくり。
「え?そ、それ、いきなり2つもらって来たの?」
「だっておいしいって言うんだもん。私プリン好きよー。」
一口食べて、
「う。」  「あなたもうひとつ食べない?」

食べないってば。


ランチョンマットはシアターで行われるライブのスケジュールになっている。
Pa080058

いつの時代のスケジュールだ?と思ったけれど、もちろん2006年のもの。ラスベガスに来ればいろんな懐かしい人のライブが見られるのね。楽しいわけだ。


この週末結婚式を挙げるカップルをいっぱい見た。
それにしてもこちらの新郎新婦はと~ってもカジュアル。純白のウエディングドレスで飲み物片手に普通にその辺をぶらぶら歩いていたり、普通にチェックインを待つ列に並ぶカップルもいた。
Pa080065

日本だったら「まあまあ花嫁さんはこちらで座ってなさい」なんて留袖着たオバサマなんかにたしなめられそうだけれど…(笑)


ラスベガスはバレーパーキングが便利。どこも無料で利用でき、車寄せで車をとめれば係の人が車を駐車場にしまって来てくれ、その時もらったチケットを帰りに渡せばまた駐車場から車を出して来てくれる。帰りがけにチップを渡してね。
で、ここルクソールでは、車のピックアップの時はこんなマシンにチケットのバーコードをピッと読ませて待つのがいとおかし。
Pa080070


| | コメント (0) | トラックバック (0)

HGVC on the Strip

今回の滞在先はHGVC(ヒルトン・グランド・バケーション・クラブ)のオン・ザ・ストリップ(HGVC on the Strip)。

オープンシーズンという滞在1ヶ月前から空き部屋をHGVCのオーナーに開放して格安価格で利用できるシステムを活用。1BRのタワー2にある部屋。こちらのタワー2、ずい分新しい感じだなあと思ったらオープンして3ヶ月の出来立てのほやほやだった。
Pa090210 Pa090211


お部屋はストリップに面した31階。
Pa080118_1


Pa070015


ビューは、、、

ビューは、工事現場。。。

Pa070018 Pa070019


にぎやかなエリアもちらっと見える。
Pa070020
(右手に見えるのがタワー1)

夜景は、周辺に広がる住宅地の明かりがどこまでも続きかなりナイス。


ベッドルームにはキングサイズベッドがひとつ。ベッドルームにジャグジー付きのバスタブあり。(仕切りはありません。=丸見え状態)
Pa070006 Pa070022


続くバスルームにシャワーブースがある。
Pa070007

このシャワー。固定のシャワーヘッドが縦に4つ並んでいる。
Pa090192_1 Pa090191_1
一番上だけ、下3つだけ、4つ全部の3パターンでシャワーが出るようになっているんだけれど、そのメリットがいまいち理解できず。4つ付けるより、1つでいいからもっと気持ちよく的外れじゃなくちゃんと水出るシャワーヘッドを考える努力はできないものなのか。
(常日頃からアメリカのシャワーヘッドの焦点の合わなさにはかなり疑問を感じているのですよ。アメリカ人はあの水の出方で満足なのかと。)

洗面台もKOHLERの蛇口が付いていたりしてちょっとお洒落。
Pa070009

タオルもさり気なくかわいい。
Pa070027

バスアメニティはクラブツリー&イブリン。
Pa070025

写真を撮った時点では気付かなかったんだけれど、このセットにシャンプー・コンディショナーがなかった。ハウスキーパーに電話して持って来てもらったら、シャンプー・コンディショナーはバス&ボディ・ワークスのBIOシリーズでした♪

引き出しにはドライヤーと生理用品が。。。。
Pa070024

(なぜ?)
(親切なのか)
(それとも前のゲストの忘れ物??)


フルキッチン。食器、調理器具ともすべて新品で気持ちいい。包丁もはさみも新しいうちは切れるのね。
冷蔵庫は黒のレザー調(?)。
Pa070011

冷蔵庫の隣りの棚には、洗濯機・乾燥機あり。便利です。
Pa070023


ダイニング・リビングエリア。
Pa070013 

リビングのプラズマテレビ。
Pa070021
超奮発?

お仕事スペース。ここにデータポートあり。
無料で高速インターネットサービスが提供されているのでとても楽チンでした。
Pa070012


ソファがベッドになる。母がベッドルームで寝て、私はここで寝ました。
Pa070017

素晴らしい部屋なので気持ちよく過ごせるんだけれど、唯一不自由だなあと思ったのがトイレ。洗面所にトイレとシャワーもあるんだけれど(ま、よくあるパターンでしょうが)、母と2人だと誰かがシャワーを浴びている時とか、どちらかが顔を洗っている、あるいはお化粧しているとトイレが使えない。今までこれで困った記憶がないんだけれど今回はちょっと不便だったな。
やっぱりトイレって別のところに個室としてあった方が絶対便利だし安心だと思うんだけれど、外人さんとは感覚が違うのでこの全部一緒の素晴らしいところが私にはイマイチ理解できません。


全体の施設としては、立派なプール(暑くなかったので入っていない)やSPAなんかがあり、それとサンドウィッチやピザ、スターバックスのコーヒーが買えるデリのあるコンビニ、ゲーム室、フィットネスセンター、日本語デスクなど。
カジノはなし。
Pa080117_1


Pa080114 Pa080116


場所が一番にぎやかなところからは北方向にちょっと離れているので、歩いてどこかに行けないのが(と言うかどこにも行けない)のが難点でしょうか。
ただし今回はずっと車を借りていたので不便を感じることはなかったけれど。(ラスベガスの駐車場事情がいいので楽でした。)

具体的にはサーカスサーカスとストラトスフィアの間。お向かいは閉鎖されたウェット・ン・ワイルド(プールの遊園地。あったら楽しかっただろうに。残念)、その北隣りがサハラホテル。ストリップとサハラ・アベニューの交差点にとてもラスベガスらしいコンビニ兼土産物屋さん「ボナンザ」あり。

HGVC目の前にバス停。
歩いて行けない、と書きましたが、あの辺のストリップを歩いている人は結構見かけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Las Vegas 1日目

10月6日(金)の3
既に3時過ぎていたけれど、滞在先にチェックインする前にちょこっと食料の調達に行く。まずはスプリング・マウンテン・ロードにあるスーパーマーケット、アルバートソンへ。ここで水、オレンジジュース、ビールなどの飲み物、パパイヤ、りんご、オレンジなどのフルーツ、それとヨーグルト、クリームチーズ、パン数種類などを買う。ついでにハンバーガーヘルパーやチリソースなど目に付いたものを買っておく。

帰りがけにチャイナタウンを車中より見学。
チャイナタウンと言ってもラスベガスのチャイナタウンは巨大なモール状になっているので、そのモールの駐車場の中をゆっくり走りながらどんなお店があるのか見る。中華や韓国系のものが食べたくなったらこの辺がいいみたい。
Chinatown Chinatown2

5時ホテルチェックイン。

なかなかいいお部屋なので見て回るのがまず楽しい。

しかしですよ、、、

荷物が全然来ない。

しばらく待つも来ないので、ベルキャプテンに電話すると「はーい、すぐ持って行きます」という返事。

そしてまた待つ。

だんだん部屋の見学も飽きソファに座って待つが、荷物が来ないと着替えることもできないし次の行動に移れない。
1時間も経った頃、しょうがないのでロビーまで見に行くことにする。
そしたら荷物の保管部屋みたいなところに案内され、君のスーツケースはどれだ?と来たもんだ。

は~(-_-;)?と思いながらも探す。

しかし、ないじゃないのー!私達の荷物!! 
青いスーツケースと黒いのとスーパーで買い物したビニール袋がいくつかなんだけれど該当ブツなし。
「私達の荷物は見当たらない気がするのですが…」と言うと、車は何?と聞くので「シルバーのPTクルーザー」と言ったら、

「ああ。あれね。覚えているよ。もしかしたらスーツケースまだ車の中に置きっ放しかも」
だってーーー。

その「もしかしたら」は当たっていて、私達の荷物は車のトランクに入ったままでした。( ̄□ ̄∥)

スーパーの袋があんなにいっぱいなかったらスーツケースなんて自分で運んでいたのに。そしたら今頃もう街に繰り出していたはずなのに…と悔しい悔しい。

ま、気を取り直して着替え、6時過ぎに再び出掛ける。
車でフォーラムショップスへ。中へ入ると母感嘆の声を上げる。やっぱりすごいよね。お台場ビーナスフォートの元になったところです。
Forumshops


ラスベガス最初の食事は、お腹もあんまりすいていないので簡単でいいね、と隣接するシーザースパレスのフードコートで。
Caesers


Caeserfood

BBQビーフと中華風のヌードルスープ。
そしてシーザースパレスと言えばシーザーサラダ!
Caeserfood2


Caeserfood3


Caeserfood4

BBQビーフはちょっとパサパサ系のお肉をアメリカの味のBBQソースをつけて食べる。ヌードルスープは汁物が食べたかったのでOKだけれど、麺がー、麺がまずくはないんだけれど、コシってものがないタイプ。(これが本場の食感なのか。)


一旦外に出て、お隣りのホテル、ベラージオへ行く。中に入って2人してまた感嘆の声。

「きれい~」
Pa070040

イタリア、コモ湖のお城のイメージ。子ども立ち入り禁止の大人の高級ホテルです。
Bellagio

フロントデスクの後ろにも広がる花園。
Bellagiofront

こんな奥行きがあるホテルのフロントってすてき。
どのホテルのフロントもそれぞれの趣向を凝らしていておもしろいです。


その後有名な噴水ショーを見る。(無料のアトラクションのひとつ)
Bellagiofts Bellagiofts2

なんだか知らないけれど2人とも超感動してしまった。


今日はここまで。
ホテルに戻ってビールを飲み入浴後1時就寝。長い1日だった。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Las Vegasへ 到着

10月6日(金)の2
そのまま順調に飛行を続けそのまま2時間遅れでロサンゼルス到着。
機内のアナウンスでシアトル便とどこか別のところに行く便は既に接続不能となっているので飛行機から降りたら係員に相談せよ、というのと、ラスベガス行きの628便はこの飛行機を待っているのでその便に乗る人はただちにそっちへ向かうようにだって。
降りるときに628便に接続すると言ったらビジネスクラスのエリアに通してくれ一番最初に降ろしてもらえた。そしたら誰もいない入国審査も一番乗り。

ここまでは順調だったものの、バゲージクレイムで荷物が出て来ない。結局普通の順番でスーツケースが出て来たのでそれまでのスムーズさもあんまり意味がなかったみたい。「ラスベガス行きのお客様は税関出てすぐバゲージ預けてくださ~い」とのアナウンスが何度もあり、きちんと待っていてくれた。
ヒューストンやニューヨークの冷酷な無関心とはあまりに違うのでびっくり。あの時は(あれらの時と言うか)ひどかったもんなー。とにかくありがたい。

そこからおよそ1時間無事ラスベガスに到着。
ハラハラしたものの、結果的にはOKだった。…もちろんこの時まだその日の成田の騒ぎは知らず、その後自分達がかなりラッキーだったことがわかるのです。


空港を出てレンタカーのピックアップに行く。今回はダラー。
書類を持って外に出ると「ミッドサイズの車ならどれでもどうぞ」システムだったので、目の前にあったPTクルーザーを借りることにする。不思議な形の車だし、どんな感じかちょっと興味あたので。

Pa080051

この車小さい割りにトランクが広くて荷物がたくさん詰めて便利だった。それにトランクの蓋を閉めると中が見えないから安心だし。アクセルが軽くてその感覚がちょっと馴染めなかったけれど、近場をぐるぐる走るには特に問題ないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下北沢のSunagaで飲みオフ♪

居酒屋と呼ぶのにはあまりにステキなお店『Sunaga』で夜の集まり。


フレンチのシェフ須永氏が下北沢にオープンさせたダイニングバー(そうだ居酒屋じゃなくてダイニングバーと言えばいいのね)に行って来ました。
出てくる料理はどれも洗練されている感じ。
何を食べていいのかわからない軟弱なわたし達は「おまかせ」でお願いしてしまいました。
まずは突き出し。焼きとうもろこしのスープ、きのこと油揚げの煮浸し、自家製パン。スープは本当に焼きとうもろこしの味。おつゆもだしが効いていてうまい!
061019_1905001

(電話のカメラで画像悪くてすみません。)


前菜盛り合わせ。(4人分)
いろいろいろいろありました。どれも一口サイズになっていて全部がとにかく美味♪
061019_1907001

後は、海老芋・いわしと大葉としいたけ・クロダイの天ぷら。
万寿貝のガーリックとハーブのバターソース・エビの水餃子。
きのこのパスタ。
毛がにのリゾット。パスタ、リゾットともミニサイズにしてくれました。
マッシュポテトとフィレステーキ。こちらもミニサイズ。
デザートにはヨーグルトのシャーベットとりんごのプディング。
…こんな感じで出してくれました。
バラエティに富んでいて、またどれもが「ほほ~」とおいしくお酒も話も進みます。

飲んだのは、こちらもソムリエの女性のアドバイスに従いつつ、まずはマスカットを炭酸で割ったカクテルでスタートし、イタリアの白ワイン→ビール(^^;)→オーストラリアの赤ワイン→食後酒(レモンのリキュール)で締め。
ワインは彼女の説明通りのお味が楽しめおもしろかったです。

後は食べて飲んでひたすらしゃべり続け。
大人になるとこんなステキなところでおいしいものを食べながら飲めるのねーと感動してしまった夜でした。


Sunaga
世田谷区北沢3-19-8
03-3467-0220


※追記
ご一緒したのあさんのブログにそのときのお料理写真が載っています。(トラックバックもしてくれているのでそちらもご参照くださいまし。)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

Las Vegasへ 嵐の出発

10月6日(金)の1
今から思えば事態はどんどん悪い方へ向かっていたみたい。

午後3時40分発のNWロサンゼルス行きに乗るため新宿からリムジンバスに乗ったのが正午。普段なら70分程度で成田まで行くのがその日の予想所要時間は110分。雨の金曜日、新宿界隈はかなりの渋滞。

うーん、間に合わないかも…とちょっと焦る。

飯倉から首都高に乗るもののやはり渋滞。やっとお台場と思っていたら「湾岸千葉事故渋滞千鳥町から11キロ」の表示が…。

うーん、ホントに間に合わないかも。

そのうちバスの乗客がちらほら運転手さんにあとどのくらいで成田に着くのか聞きに来ている。1人のアメリカ人に何時の飛行機に乗るのかと声をかけたら「4時半」とのこと。「私は3時半だ」と言うと、お気の毒にみたいな顔をされてしまった。一緒に行く母はJRでとっくに成田入りしているし、夕べネットでチェックイン済ませているのでプリントアウトしたボーディングパスは私が母の分も持っている。これで間に合わなかったらしゃれにもならない。だんだん不安が募って来た。
ラジオを聴いていたら交通情報で京成スカイライナーが大雨強風のため運転見合わせとのこと。
そっかー。。。。
だったら後はこの天気のためフライトが遅れることを密かに祈ろう。

そうこうするうちに東関東自動車道に入ると大雨のなかもうもうとバスはスピードを上げ、信じられないことにぴったり110分で第2ターミナル到着。次は第1ターミナル南ウイング。最後が私の降りる北ウイングだ。
南ウイングに止まると待っているリムジンバスの職員さん達が立つのもやっというくらいの強風。バスから取り出したスーツケースが風でゴロゴロ転がって行くのが見える。そんな中アメリカ人のおじいさんがバスから出た途端びゅ~っと飛ばされて行った! 後ろから降りた奥さんが必死につかまえて何とか取り押さえている。

え~?!何なの?この天気は!!!
い、いつの間に…

幸い北ウイングは風向きが違うのかそんな悲惨な状態にはなっていず普通に外に出られた。
無事母と落ち合えカウンターではチェックイン。後は順調。出国手続きも、その後のお店も結構たくさんの人でにぎわっている。その海外に行くんだムードにほっと一息。

第1ターミナルの南ウイング側にできた免税店で化粧品を買う。ファンデと口紅、それと評判のいいディオールの美容液。会計で搭乗券を見せると「アメリカの航空会社はまだ美容液はダメなんですー」ということで美容液は買えなかった。

Pa090193
タバコは夫へのお土産。東京バナナはハワイの夫の知人への手土産。


搭乗時刻になり普通に飛行機に乗り込む。機内は割とすいていてさらにリラックス。
天候状況をみているのでしばらくお待ちくださいとのアナウンスがある。こっちはさっきまでのハラハラから解放され、もう急ぐ必要がなくなったのがうれしくのんびり出発を待つ。あんまりひどい天気のときに無理して飛んでもらうのもなんかいやだしねー。恐いもの。
客室乗務員の人たちがぺちゃぺちゃおしゃべりしながら極々ふつーに動き回っているのが見えたので割とこういう天気に飛ぶのってよくあることなのかなとも思う。それに通路側のシートだったので外も見えず、かなり降っているだろうとは思っていたけれど、実際どの程度なのかもわからなかった。
かなり待っていると再びアナウンス。
シアトル便が欠航になったので、そちらの便からの振り替えの乗客が15名ほど搭乗してくるとのこと。しばし彼らを待つ。しばらくすると続々とシアトル便の人たちが乗り込んで来てたちまちシートが埋まって行った。その後「風向きが良くなったので」とのことで約2時間遅れで離陸。

その時は、2時間遅れちゃうとロサンゼルスでのラスベガス便の乗り継ぎ時間が2時間だから間に合わないじゃんと思っていた。まさか成田があんな大騒ぎになっていたとは露知らず、また間に合わなかったらどうしようと悶々としなくちゃいけなくなったことを嘆きながら機内食を食べて寝る。

そして機内販売だけれど、現時点でアメリカに入国後そのままアメリカに滞在する人は液体物は買えないそうです。


追記:
翌々日帰国到着の成田空港の模様はこちらのブログで。>>

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ラスベガス&ハワイの旅メモ 2006.10月

Dsc_0525_1Dsc_0578Dsc_0504_1Dsc_0495_1Dsc_0521Dsc_0411

母とラスベガス及びハワイ(オアフ島)に行きました。

滞在メモ

<期間>
ラスベガス 10/6(金)~9(火) 3泊
ハワイ 私 10/9(火)~12(木) 2泊 計5泊7日
     母 10/9(火)~19(木) 9泊 計12泊14日

<飛行機>
ノースウエスト、格安エコノミー R&Cツアーズにて。

往路 成田-ロサンゼルス-ラスベガス
復路 ラスベガス-ロサンゼルス-ホノルル-成田

 航空運賃  82,000
成田空港施設使用料 2,040
海外TAX     7,080
 燃油付加料金 18,000
 ストップオーバー料金 20,000
  <合計> 129,120円

ラスベガス→ロサンゼルスはアメリカ・ウエスト航空でした。


<滞在先>
・ラスベガス 
HGVC on the Strip(ヒルトン・グランド・バケーション・クラブ・オン・ザ・ストリップ)1BR/Plus オープンシーズン予約で。3泊で340ドル。

・ハワイ
HGVC、カリアタワー  1BR/OV 3泊
   ラグーンタワー Studio 3泊
     〃     1BR/OV 5泊

ハワイは、上記のような予約を取ってありますがカリアタワーの最後の1泊とラグーンタワーの最初の1泊は日にちが重なっています。なので前日ラグーンタワーにチェックイン手続きをしておいて、翌日カリアタワーをチェックアウト後そのままラグーンタワーの部屋に直行することができます。また帰りの飛行機が希望の日程では取れずラグーンタワーの最後の1泊は「捨て」になりました。なので実際には合わせて9泊です。
私自身はカリアタワーを2泊だけして帰国し、後は母がひとりでハワイに残りました。(そこで地震に遭うわけです。)


<レンタカー>
・ラスベガス
ダラー 
ミッドサイズ 米国サイトより予約
PTクルーザー 走行距離3日で48マイル(約77キロ)

・ハワイ
エイビス 
ミッドサイズ ホノルル空港にて手続き
トーラス 走行距離2日で60マイル(約100キロ)

両方とも近場の行き来に使いました。ハワイは今回どこにも行っていない気がするのにラスベガスより走っていたんですね。改めて書いてみてびっくりしました。空港からホテルまでの距離がだいたい違うものね。そんなところが原因でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ワイキキホテルの状況(ハワイ地震)

母のいるヒルトンの10月16日地震当日の停電状況です。

非常用の自家発電は行っていた模様。ついていたのは廊下、各戸のロックシステム、館内放送、電話、そしてなぜか駐車場棟の電灯。予約システムが稼動していたかどうかは不明。それ以外はまったく電気のない状態です。

給水もストップし、配管内に多少残っていた水を使い切ったところで水もアウト。トイレはレインボータワーのロビーにあるものが利用可。
エレベーターは全て停止。後にダイアモンドヘッドタワー、ラグーンタワー以外のタワーで1棟につき1基運転開始。当然客室からの出入りは非常階段ということになります。
母は11階に滞在しているので、まだ良い方…かな。高層階の方はさぞかし大変だったでしょう。

朝ロビーにてパンとジュースの配布あり。(説明会で使っているペストリー類と思われます。)夕方ロビーに置いてあった水3本とペンライトをもらったとか。(館内電話で懐中電灯の有無を問い合わせたときは「ない」との返事だったそうだけれど、ロビーまで出向けば多少の用意はあったようです。)

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ内の全ての店舗、レストランがクローズ。abcストアのみ営業。一度に5人程度ずつ入場させる方式を取っていたそうです。レジが使えないため決済は現金のみ。

周辺は信号もストップ。The Busは運行していたようです。
ワイキキ、アラモアナのお店もすべてお休み。
マノア・マーケットプレイスのセイフウエイが営業していたという話を聞きました。


当初午後5時には電気が復旧する予定という話もあったものの結局ヒルトンに電力が戻ったのは夜10時15分。
その時には、それはそれは大きな歓声と拍手があちこちから沸き上がっていたそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ハワイの地震

昨日のニュースで驚いたのがハワイ島沖で起きた地震。
そう言えば先週水曜日ロサンゼルスからホノルルに向かう飛行機で、ハワイ島上空を飛行中、キラウエアのすそ野の海岸線で水蒸気が2本水蒸気が上がるのがはっきり見えたり、ホノルルに到着してから見た新聞に火山灰注意報などが出ていたりして、火山活動が活発化しているのかなーとは思っていました。
しかしまさかハワイで地震が起きるとは。。。

それより、

わたしもすっかり忘れていたんだけれど(笑)、

母がまだハワイにひとり残っていたんだった。。。(^^;)

忘れていたわけじゃないのだけれど、ハワイにいる母と今回の地震が結びつかなかったのです。

はたと気付き早速彼女の携帯に電話するものの全く通じず。
通じないとやたら気になるもので何度もかけるけれどやはり状況は変わらない。


そうこうするうちに向こうから電話がありました。日本のお昼前くらい。現地午後4時過ぎでしょうか。

状況はニュース等で報道されているのと変わりないです。
母は「朝地震で結構揺れたけれど、また寝ちゃったわ」だそうで。(^^;)
ちなみにワイキキに滞在中です。
その後起きだして、停電のためエレベーターが止まっているので11階の部屋から非常階段を使ってロビーに降りたら人でごった返していたそうです。ちょうどチェックアウトと日本からの到着の時刻ですからね。
で、うろうろしていたらパンとジュースが配られたのでもらったそうです。
現地日曜日だからか地震のために出勤してないスタッフも多いようで(笑)、フロントもコンシェルジェも数人しかいないそうです。

表に出たら、お店はすべて閉店。abcだけ営業しているものの、すごい行列で入場制限。停電のためカードはもちろんレジも使えないので、現金しか使えないそうです。

で、そのままワイキキのフードパントリーまで行ってみたら(母のホテルからはかなり遠いんです。すごい野次馬でしょー)、入店不可で表で飲み物だけ買えるそうです。そこも行列。すべてのお店が営業してなくて、空いているのはabcだけ。そしてどこも大変な行列。
信号もつかないので、お巡りさんが交通整理にあたっていたとか。アラモアナも真っ暗だったとどこかで日本人観光客同士で情報交換しているようでした。

それから部屋に戻って来て、abcのビニール袋をさげた人々でにぎわう非常階段で11階まで歩き、水も出ないし食べるものもないから「することないからまた寝ちゃったわ」と。

話しっぷりから、今回の非常事態をかなりエンジョイしている感じでした。「いいお土産話ができたわ~」って。楽しそうでした。(^^;)


現地在住の知り合いも夜になって電話をくれ、今日は現地では日曜日だったそうで、学校もオフィスもお休みだったので幸いだったと言っていました。彼女のお子さん達も私の母同様興奮して今日のこの日を過ごしたようです。 彼女のおうちもキッチンが電気なので調理できなくなったんだけれどご近所でBBQグリルでハンバーガー作ってふるまってくれたり、どのお店が自家発電で営業しているか教えてくれる人が回ってきたりして事なきを得ているみたいでした。マノアエリアでは、かなり夜遅くの11時半頃電気が復旧したようです。
母のホテルも夜9時半現在で未だ停電中という話でした。


オアフでは直接的な被害がなかったので、こうして話していられるのでしょうね。 昨日今日ハワイに行く予定の人もいらっしゃるんでしょうから、心配ですよね。
友人のブログで知ったハワイ島のマウナケアホテルとハプナビーチプリンスが今回の地震で無期休業に入ったというニュースも気になります。そのままウェスティン系列に売られてしまうのかな。(ウェスティンじゃなかったでしたっけ?買収話)

いろんなことがあるものです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

週末草津10/1

土曜日の夜9時半くらいに家を出て草津に向かいます。
到着は12時過ぎ。そのままお風呂に入って就寝。
翌日曜日は曇天。ゆっくり目覚め、朝ご飯を食べてちょっと散歩に出掛けます。

マンションの裏口を出たところ。
Cimg4227


付近の森林浴コースはサイクリングロードと共有なので舗装されていて歩きやすい。
Cimg4228

そのまま天狗山まで出て、初秋の山を歩きます。
Cimg4231

登り始めたら(と言ってもほんとになだらかなんだけれど)即、疲れたので最初の一山(丘?)を登っただけで降りてきました。(^^;)

そのまままた森に入り込みしばし散策。
Cimg4234


それにしても。。。
人影まばらと言うか全然人がいない。
いえ、たまーにはすれ違ったりするんですよ。キノコ採りのおじさんとかいるし。
そうそう、今はキノコのシーズンなのか、各種キノコが結構いっぱい生えています。でもキノコの知識はまったくないので採る気にもなれませんが。(全部毒キノコに見えるし。)

つり橋。
一度に5人以上渡らないようにとの注意書きがあります。
Cimg4238

紅葉一歩手前って感じですね。


草津の川ってこんな色。
水ももしかしたら温かいのかな?
Cimg4237

3時間ほど歩き回り、お昼を食べて部屋に戻り、温泉入ってお昼寝して、夜東京に戻りました。これだけのことなんだけれど、結構リフレッシュ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »