« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

明日出発!ハワイへ

なんかばたばたしています。
今回は余裕のはずだったんだけどなー。
夕方までにとりあえずパッキングしてしまおう。
今月末までの支払関係の処理はその後でいいかー。。。(いいかどうか今血迷っていて判断不可。)

昨日あわててシュノーケルを買いました。
ほんとはマスクもフィンも新調したかったんだけれど、売り場で横にいた夫の目が異常に冷たかったのと、時間がなくて、しょうがないから本当に今必要なシュノーケルだけゲット。
なんでかって言うとわたしのシュノーケル、浸水するんですもの。
泳いでいて不愉快って言うか、ときたま死にそうになるんです、水がどんどんたまってきて。
息をするためのものなのに息ができないんじゃ危ないじゃないですかー。

あとまだまだ用意しなくちゃいけないもの色々たくさんあるような気がするんだけれど、なんかよくわからないー。両替は明日成田ですればいっか。。。
飛行機で読む本もこの間数冊用意してあるんだけれど、やっぱりダヴィンチコードにしようかなー。これなら1冊持って行けばすみそうだし。…てか、ダヴィンチコード、すごい前に買ったんじゃなかったっけ?…と調べてみたらほぼ1年前でした。(これ>>
なんで今まで手つけずだったかと言えば、ひとえに英語だったから。(とほほ)
すごーくおもしろいと評判だったので、買ってはみたものの最初の数ページ読んだ時点で「わけわからん」てなって放置してました。だいたいルーブルのキュレーターという最初に殺される人の名前が読めない。(笑)
しかし昨今のブームのおかげで、その人は「ソニエール」ということもわかり、筋もなんとなくわかってきたので、今が読み時?

ああ。とにかく仕度、仕度…と~

のあさん、待っててね。
明日みんなでハワイに向かうわ。

でわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8.最後の夜ラハイナへ

5日目9/27の2


Acimg21400056


午後はビーチでシュノーケルしたりごろごろしたりのハワイ定番のすごしかた。日も暮れたのでホテルに戻りシャワーを浴びて着替える。どこに行こうかと取り敢えずホテルの玄関口まで出て、まだ子ども達のお土産を買い揃えていなかったのでホテルのスタッフにどこに行ったら買えるかななんて話をしつつ車を出してもらう。もうすっかり暗くなっているし、最後の夜だしやっぱりショップス・アット・ワイレアあたりに行くのかなと思っていたら、夫はそのまま一気にびゅーーーんとラハイナまで車を走らせた。
夜のドライブ。
オープンカーの屋根を全開にし、風が冷たいのでちょっとヒーターをかけ、わたしはひたすら満天の星のまたたく夜空をずっと見ていた。
うう、、、、これを幸せと言わずして何が幸せというくらい気持ちいい。

今回短い滞在でまさかラハイナに行けるとは思ってもいなかったのでそれだけでうれしかった。
やっぱりラハイナはラハイナで、マウイで一番にぎやかでオシャレで楽しい街だった。
晩ご飯は結局ひとつ覚えのロンギーズで。
日曜の夜だったせいかいつになくすいていた。
食後フロントストリートをぱぱぱっと歩き(時間が遅かったのかお店がどんどん閉まって行くので)お土産をいくつか買うことができた。でもラハイナに行けてよかったな。

Acimg22520078


6日目9/28
帰国

Adsc_01290127

Adsc_01310128


あっという間の5泊7日だったけれどとても楽しめた。できればもっともっと長くのんびりしたかったけれど、子ども達を母に頼んで2人して出掛けるのは今はこれが精一杯。それでも思い切ってマウイに行けて本当によかった。何より良かったのはホテル・ハナ・マウイ。ホテル・ハナ・マウイに行けただけでも感謝感謝。とてもいいところだった。生きているうちにもう1度行けたらいいな。
そしてサウスマウイのビーチは本当にのんびり過ごすには最高。食べたい物や飲みたいものを適当に持って、ビーチに寝そべり気の向くままにマスクとフィンを持って海に入り、ひとしきりサカナや水中の地形を見て遊び、飽きたらまたごろごろ昼寝…そんな風に日がな1日過ごすのが1番好き。何よりビーチも水もきれいなのがいい。
さてさて次にマウイに行けるのは、はたまた次の結婚記念の旅は25周年?それとも30年?いやいやあるいは21周年かもよ。


Acimg22670082
ショップス・アット・ワイレアのレインズで買ったサンドレス

Acimg22700084
ワイレア・ゴルフ・コースのクラブハウスで夫が買ったトミー・バハマのアロハ

Acimg22640081
食材もろもろ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7.キヘイ3ボートダイブ

5日目9/27の1

今日が本当の結婚記念日。ついに20年を迎えました。この日がこんなにすぐ来るとは思ってもいなかった。
で、今日はダイビングをする日。気負ってボートダイビング3本申し込む。マウイのダイビングスタイルはいい。だって3本潜ってもお昼には終わるんだもの。
午後が有効に使える。
ナイス!

利用したサービスはゼログラビティ。ここにするかマイクサバーンズにするか迷ったんだけれど、日本人がやっているところの方が話がわかりやすくていいかなと思ってこっちにした。当日は朝6時にキヘイのボートランプ集合。
各種海系ツアーの出発で結構にぎわっている。マイクサバーンズはかなり大きなボートでダイバーもたくさんだった。そっちにしなくてよかったかも。

ゼログラビティの方は、キャプテン・ヒロさんにガイドのミワコさん、それにお客さんでもないけれどスタッフでもなさそうな女性1人、お客さんは私達2人と男性1人、女性1人の計4人。総勢7名のオール日本人で出発する。
なぜか話はカリフォルニア方面にどんどん向かい、ヒロさん、男性客、私達がそれぞれカリフォルニアに住んでいたことが判明し、いつどの辺りにいたのかを語り合う会となった。
で、もう1人の女性客はゼロ~の所有する宿に滞在している人らしくご主人は今回マウイにコンドミニアムを買いに来たのだとか。ワイレアのワンミリオンは下らないだろうと誰もが想像する物件をぽんと買い「多分1回も泊まることなく今年中には売る」んだそうで、アメリカの不動産バブルに乗じて一儲けしようとしている方々である。(その後無事売り抜けられたのだろうか。)

そんなこんなでほとんどダイビングの話はないわけだけれど、そうそう!2本目のダイビングの時、潜行し水底についたところでガイドのミワコさんが突然BCDのポケットからレイを2つ取り出し私達2人の首にかけてくれ、手にした水中黒板『せんせい』には「20周年おめでとう」の文字が。そこで記念撮影し、さながら水中結婚式の様相を呈しておりました。ありがとう、ゼログラビティのみなさん。

Acimg21570061


そしてボートダイビングのお楽しみのひとつと言えば、ボートから見る陸の景色。普段いる場所を沖からだ~~~っと眺めるのは楽しい。

ダイビング終了後、ヒロさんミワコさんに教えてもらった景色のいいレストランでランチ。マウイのダイビングは朝早いけれど終わるのも早いのがいい(ほんとに)。
で、教えてもらったFive Palms、本当に気持ちのいいお店でした。

Acimg22190071

Acimg22160069

Acimg22170070

ダイビングの記録
1本目 St.Anthony(沈船) 7:21- 8:06 21m 27℃
2本目 Molokini Center Reef 8:57- 9:43 18m
3本目 Red Hill 10:32-11:22 15m

利用サービス Zero Gravity Maui
Acimg22140068

Acimg21500059 Acimg21530060 Acimg21680062 Acimg21710063 Acimg21780065 Acimg21950066 Acimg21970067

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6.ハレアカラダウンヒルやっちゃいました

4日目9/26

本日のツアーピックアップは2時半。それも午前2時半。
つまりは夜中の2時ってことです。

それでも行きました。
一度はやってみたかったので。

Adsc_00790105
夜明け前のハレアカラ山頂

Adsc_00810107

Adsc_00820108
寒さに凍えそうになりながら日の出を待つ人々

Adsc_00670104

Adsc_00800106


そして、その後自転車で標高3000メートル超のハレアカラ山頂からノースショア・パイアまでのおよそ60Km(!)を自転車で下る。とにかくほとんど下りだけなので、自転車をこぐのはちょっとで、後の操作はほとんどブレーキかけるだけ。私達の一行は11名で、走る順番が予め指定されているので、とにかくその順番を守り一列になって走る。
実は日常生活で自転車に乗らないので、このツアーにはあまり自信がなかったんだけれど、やってみたら全然おっけー。ガードレールなしの崖伝いの道路でヘアピンカーブの連続なんだけれど、恐いことなんで全くなかった。気持ちよかったです。(夫は物足りなかったらしい。)

Adsc_00860109
途中見晴らしのいい場所で休憩あり

朝食付きです。
マカワオのメキシカンレストラン「ポリーズ」にて。
往きの車内でメニューを渡され事前にオーダー決めておきます。なので店につくと頼んだものがすぐに出て来るシステム。

Adsc_00920111

Adsc_00880110

ポリーズ周辺の店。

Adsc_00940113

Adsc_00930112

ゴールのパイア。
たどり着いたパイアの街は雨でした。

Adsc_01010116

Adsc_00990114

Adsc_01000115

最初は防寒具。短パンの上にジーンズ履いて、その上に防寒具っていういでたち。ホカロンも貼ったけれど、それでも寒かった。
下るに従って、一枚一枚脱いで行き、最終的にはTシャツに短パン。

今回利用したのはマウンテンライダーズ・バイクツアー
Adsc_01030117

予約はパラダイスリゾートで。(割引あります。ハナマウイもこちらで手配してもらった。)

お昼にはホテルに戻る。
その後は昨日の同じくビーチでひたすらシュノーケル&ごろごろ。至福の時間。

Acimg22240072

Acimg22300073


晩ご飯は、一応今日を今回の結婚20周年のメインディナーということにし、ショップス・アット・ワイレアにある「ルースズ・クリス」を予約。
拾ったデンファレの花を髪に挿して、行く。

Acimg21410057
本日のプリンスホテルはルアウの日。夕方から大型バスが何十台とやって来ていた

ガイドブックで見た限りではルースズ・クリスはショップス・アット・ワイレアの一番海側にあるので、さぞかし素敵なサンセットが見られるだろうと期待に胸をはずませて行ってみたら、なんと、ショップス・アット・ワイレアとビーチの間に新しいコンドミニアムを建設中。結局見える景色は工事中の高級コンドだった。

それでもおいしいルースズ・クリス。
ウェイター氏にお勧めを聞いてステーキをオーダー。それと記念ディナーということでロブスターを奮発(メニューには「Market Price(=時価)」とあり)。後は大好きなほうれん草のグラタンを付け合せに。
とってもおいしかった。それに何だか楽しかった。

満足してお勘定を持って来てもらう。
ビルを見てびっくり。ロブスター、100ドルだって!!!
お腹一杯だったのでもう少しで残しそうになりました。無理して全部食べておいてほんとーーーによかった。

腹ごなしにショップス・アット・ワイレアをぶらぶらし、ホノルルコーヒーカンパニーでコーヒーを飲んでホテルに戻り、ラナイでそれぞれ好みの飲み物を手にしばしおしゃべり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5.マウイ・プリンスホテル

3日目9/25の2

後半の宿泊はマウイ・プリンス。スイートルームが半額というキャンペーンをやっていたのとプリンス前のビーチに興味があったのでここに決めた。
だって山側のスイートルームだとおおよそ700ドルが350ドルって感じなんだもの。こんなことでもない限りスイートルームに泊まれるなんてこともないだろう。

チェックインのときに冷たいおしぼりとジュースがふるまわれるのはハナマウイと一緒。

「静寂」というイメージ。

Acimg22350077

Acimg22340076

Adsc_01080120

Adsc_01070119

Adsc_01040118

1985年の完成当初は大層素晴らしいホテルだったんだろうなと想像させられるところ。ハワイ島のマウナケア・ビーチホテルと雰囲気似ているかも。
今は年とともに朽ちてゆく過程…

マウカスイートは建物の一番奥。

Adsc_01130123
入口からすぐがリビングエリア。ここにも数人寝られそう

Adsc_01140124
リビングのラナイからの景色は「庭」…と言うか実際はもっと無造作なビュー

Adsc_01170125
奥のベッドルーム。こちらにもラナイあり

Adsc_01220126
こちらのラナイからは身を乗り出せば海がちらっと見える

Adsc_01120122

Adsc_01110121
アニバーサリーの旅行だと言っておいたらシャンパンのプレゼント。
他にフルーツバスケットもあった。


キヘイのスターマーケットで買ったランチを持ってサウスマウイのビーチに行く。
その後プリンスのビーチ、マルアカビーチに移動。日没までのんびり。

Acimg21420058

Acimg22320075


夜はホテルのバーで軽くアヒの刺身とかピザなどを食べた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4.ハナからワイレアへ

3日目9/25の1


朝いちでもう一度レッドサンドビーチに行ってみようかと思ったのだけれど雨が降っている。
夢のようなハナ・マウイでの滞在はあっという間に終わった。
本当に本当にいいところだったので死ぬまでにもう一度泊まりたい。

Acimg20360021

Acimg20350020

Adsc_00130091


Acimg20390022
こうやって見るとタイルの模様がラウハラのよう

Acimg20400023
ステキな石の洗面ボウル、なんだけれど、立ち上がっている分ちょっと使いにくかった


Dsc_0022
ロビー車寄せにある石。天気をみるんだとか


次の滞在地ワイレアへ向かう。
一昨日来たハナハイウェイを西に戻る。すっかりいいお天気になった。反対車線はハナへ日帰り観光に行くレンタカーやバスでにぎわっていた。途中の濃い緑も崖からの海の景色もどこからともなく香る花の匂いも気持ちいい。

Dsc_0032

Dsc_0036

ジャガイモじゃないです。パッションフルーツかグアバの実。
いい匂いがしてました。
Dsc_0034


フエロのB&Bを見学。
マウイ、ノースショアのこういう場所もなかなか落ち着けそうでいいかも。
Dsc_0037

Dsc_0040

再びホオキパビーチを眺め、パイアへ。

Adsc_00420099

Adsc_00470100

Adsc_00490101
今回の足

シマーでTシャツとビーサンを買い、アンソニーでコーヒーを買い、コーヒー飲みながらアンソニーの並びにあった不動産屋の売り家の貼紙を見ながら、もしマウイに住むとしたらどこがいいかという話で盛り上がった。
Acimg20030006

Adsc_00500102


カフルイの街(本当に「街」という感じ)でマウイ・マーケットプレイスに寄り、オールドネイビーを一応チェックし、スポーツオーソリティで翌日の自転車乗りの備えスニーカーを買う。

そしてキヘイをビーチ沿いに抜けワイレアへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3.ハナ周辺・ハモアビーチ

2日目9/24の2

何にもしなくてもいいんだけれど、ハナで過ごせるのは今日一日しかないので出かけることにする。

ご存知ハセガワ・ジェネラル・ストア

Cimg2096 Cimg2097


ここから丘側2~3分のところにもハナ・ストアという食料品店がありどちらも小ささは同程度。
お昼はハナ・ランチ・レストランに併設されている売店でサラダとサンドウィッチ、そしてサイミンを買って外のピクニックテーブルで食べた。

Cimg21220045

サイミンて初めて食べたんだけれど、あのスープはなんのおだしなんでしょう?
汁物が恋しくて食べたものの、わたし的にはちょっと動物臭くて△だな。

この周辺にある数軒の店がハナにある商店のすべてと言ってもいいような感じだった。
本当に小さな村だったのね、ハナ。。。

Cimg21230046

そしてハナから先。
ハナのエリア全体が牧場の様相。牛多し。

Cimg20980039


聖なる滝まで行こうかと思ったけれど、だんだん面倒になり(←根性なし)、適当なところで折り返し、ハモアビーチへ行く。

ハナマウイのゲスト専用のエリアが設けてあり、トイレ、シャワー、ビーチタオル、パラソルが使える。

Cimg21180044

Cimg21100040

Cimg21110041

Cimg21160042

Cimg21170043

リクエストしておけばこのビーチパビリオンで調理してくれたランチを食べられるとか。

今日の晩ご飯はハナ・ランチ・レストランで。
フロントでそこに行きたい旨を伝えたら、こんな車を出してくれた。

Cimg21260049

ドライバー氏が撮ってくれた写真。
撮ってデジカメの画面を見て「Very Good!」と言ってたけれど、かなりのピンボケなのはご愛嬌。

Cimg21300051


ここはカジュアルレストラン。
屋外のテラス席にしてもらいました。
ポークチョップとパスタをいただく。味もアメリカン。こういう味のポークチョップ嫌いじゃないですが。

Cimg21340054

Cimg21310052

Cimg21320053

帰りは歩いてみたんだけれど、レストランがある丘から道路へ下り、ハセガワ・ジェネラル・ストアの横からハナマウイの敷地へ抜けられるようになっていて、全然徒歩圏内だった。

ラナイにあるジャグジーに浸かりビールを飲みながら夜空を眺めた。ああ、極楽。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2.ハナでの1日

2日目9/24の1

シーランチコテージの朝焼け
Adsc_00070090

チェックインしたときテーブルにこんなバスケットが置いてあった。
Acimg20510025 Acimg20540026


ウェットバーにはグラス類も豊富だし、冷蔵庫に入っているソフトドリンクは室料に含まれている。何より素晴らしいのはコーヒーメーカーのみならずコーヒーミルまであったこと。オリジナルブレンドのコーヒー豆が用意されているので、これで挽きたてのコーヒーを飲むことができる。
Acimg20340019


そんなわけで朝は部屋でコーヒーをいれバナナブレッド、フルーツで食べる。

* * * *

シーランチコテージ
Acimg20580028

        Acimg20560027

出かけるときはカートを呼べばすぐ来てくれる。
でも敷地内をぶらぶら歩いて行くのもいい。

Adsc_00160092


プール

Acimg20840035

何度このプールの絵を雑誌などで見たことか。

プールの周辺も緑が多い。

Acimg21250048

シーランチコテージやプールがある海側の敷地と、ロビー棟やベイコテージのある敷地の間を通る一般道路。緑あふれるゲート。

Acimg20890038

敷地内の木々
Acimg20880037

Acimg20870036

* * * *
その後レッドサンドビーチに行ってみる。

Acimg21240047

ハナマウイの敷地から崖伝いに歩いて行けるビーチ。
Acimg20780033_1

Acimg20600029

Acimg20620030

Acimg20770032

Acimg20670031


一旦部屋に戻りシャワーを浴びラナイでくつろぐ。
このまま1日ずっとこうしていてもいいくらいに気持ちのいい場所。
見えるもののほとんどが緑でこれがまた目に優しい。

Adsc_00040087


Adsc_00050088


Adsc_00060089


雨が降ったかと思えば晴れたり…。
そう言えば夕べも夜中に物凄い雨が一瞬降っていた。コテージの屋根を叩きつける雨音の激しかったこと。
ここハナマウイは雨でも晴れでもいい雰囲気。

Acimg20500024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1.ホテル・ハナ・マウイへ

昨年9月のマウイ旅行記です。
次のハワイのが来週になってしまったので、その前になんとか書いておかなきゃと思いまして。

*******

1日目:9/23/2005
とうとうやって来ました憧れの地マウイ島はハナへ。
結婚20周年を記念しようとほとんどこじつけに近い感じで思い立ち夫と2人でハナに行って来ました。

ホノルルで乗り換えてカフルイ空港到着。
レンタカーデスクの後ろにはこんなシャトルバス乗り場ができていた。ターミナルのデスクとちょっと離れたところにあるオフィスを結ぶ。まるでバスターミナル。
Acimg19930003


で、車借りてまずはカフルイの街に出て、最初にあったクリスピークリームでドーナツを買う。
Acimg19960005 Acimg19950004


それから一路ハナへ。…向かう前に、パイアを一周し、ホオキパビーチを見て、ママズ・フィッシュ・ハウスでお昼。

Acimg20270018

Acimg20240017

Acimg20230016

Acimg20070008

全体的に「濃ゆい」雰囲気です。
緑が濃く、インテリアも濃いです。


Acimg20050007
クィーンエマというシャンパンカクテル

Acimg20080009

Acimg20100010
「つき出し」(?)のようなプチスープ

Acimg20110011
アヒのサラダ。ピーナツ系のドレッシングが美味

Acimg20140012
マヒマヒとカニの一品。レモンマカダミアバターソース(確か)
マヒマヒのソテーの中に蟹肉が入ってます。
わたしはこれがとってもおいしかった。(夫は特筆すべきものではなかったと言っているけれど。)


Acimg20180014
化粧室の天井。細部に渡って統一感があります

Acimg20200015


Acimg20170013
予備のロールがかわいい


そして、なんとか明るいうちに小雨模様のハナに到着。

Adsc_00180093

車寄せ
Adsc_00210094

ロビー
Adsc_00230095

Adsc_00020085

Adsc_00030086


ロビー横のライブラリ
Adsc_00270098


今夜の食事はメインレストランはバフェディナーの日。
もりもり食べるムードじゃなかったので、メインレストランのショーを時折のぞいたりしながら、お隣りのバーで済ませた。


Adsc_00240096
メインレストラン

Adsc_00260097
隣接するバー。メニューは思っていたより豊富

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »