« 逃亡生活・2日目 | トップページ | どん底 »

逃亡終了

3日目の朝。
1晩たってもデジカメは治っていなかった。
軽くたたいてみても無反応。
もうだめだなー。

ゴードンラムゼイで朝ご飯をいただきましょうと珍しく母が言う。家から持って来たパンも残っていたし部屋にはコーヒーもあるので、それで済まそうとするのが母のいつものパターンなので、食べに行こうと言うのにはちょっと驚いた。私に異存はまったくないのでそそくさと28階に下りる。

Dec06_0939_1
デジカメがないので仕方なく電話のカメラで。
ここからは32万画素の画像でございます。


朝は3,400円也のセット。
天井が高いので朝は朝で気持のいい空間が広がっている。

Dec06_0921

ハム、チーズ、フルーツ、ヨーグルトのカウンター、お豆腐、そばなど和風のカウンターの他、中央のテーブルにはパン、各種シリアルが並べられている。ジュースも4種類。シリアルのところにあるドライフルーツが種類豊富でさすがの雰囲気。
Dec06_1020

それにお好みの卵料理をオーダーできる。
「なんでもいい」と言うのだけれど、何にしようかなーと悩んでいたら「エッグベネディクトなどもございますが」と言うので即それにしてもらう。

とろとろ卵の下はグリルドベーコン。
Dec06_0938


コーヒーは大きなフレンチプレスのポットをどんと置いていってくれ、「暖かいのをもう1杯」と頼むと、新しいポットを持ってきてくれる。


その後ショップで家族にお土産をちょこっと買い揃え、部屋を出る。

廊下にいたスタッフに私達の部屋とは反対側のガーデンビューのお部屋を見せてもらえるかと聞いたら「スイートでもいいですか?」と言うので、スイートルームを見学させてもらう。
うーん。。。 す て き ♪

チェックアウトして、母と別れ、そのまま直結している都営大江戸線の駅に入る。
夢の世界が終わった瞬間です。


都内のホテルなんて泊まる機会めったにないので楽しかった。
(実際1泊6万近くもするここに2度と泊まりに来ることはないと思う。)
しかし、やはりあわよくば、母とではなく男性に連れてきてほしかった。そんなシチュエーションにぴったりな大人のホテルなわけだけれど、ふと思えば、母と行ったほうが気楽で、あれこれ言い合いながら余計な気を使うこともなくのんびりできて良かったなー、はい。

ロビー階にあるカフェ&バーは、静かで気持のいいところなので、お茶しに来たいと思いました。
いいところ見つけたな。
CIMG2775


そしてクリスマスシーズンに入ったというのに、1階のエレベーター横のこのツリー以外一切のクリスマスムードを排したところも気に入りました。
CIMG2792
ラベンダーなのか木からい~い香りがします。


|

« 逃亡生活・2日目 | トップページ | どん底 »

コンラッド東京」カテゴリの記事

コメント

コンラッドレポート、楽しませてもらったわ~
たぶん一生泊まれないと思われるホテルだけど、すごい興味津々だったのよ(^^;)
あ、最初は のりさんがどこのステキな男性とご一緒なのかと思って、それも興味津々でありました。

豪華な朝ご飯、すごいね~
BKKのコンラッドの朝ご飯、美味しかったけど、そこまで豪華じゃなかったわ。

ところで、コンラッド東京ってHHonersのGOLDでも朝ご飯付かないの?
のりさん、GOLDだよね。

投稿: Aki | 2005/12/11 19:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逃亡終了:

« 逃亡生活・2日目 | トップページ | どん底 »