« 衣替え | トップページ | フリースの足カバー »

高校の同窓会(*-_-*)ぽ

先週の土曜日の夜あったんですよー、高校のクラブの同窓会…と言うか同期会。
SFC・OB会と銘打たれたその会。家族からは「何のクラブだったの?」「SFCって何?」としつこく追求されましたが、もちろん口は割りませんでした。(笑)
(だいたい「SFC」なんて略称わたしだって初めて見たし。)

安心の同い年の仲間11人(内男4、女7)が集い楽しいひとときでした。

卒業後相当の年月が流れ、今ここで一旦会っておかないとこの先もしかしたら己の老いた姿が恥ずかしくてあえなくなるかも(=「かなりヤバイ」状況)という危機意識が突然盛り上がり、今回の集まりとなったんだけれど、実際○十×年ぶり(?)に会ったみんなはわたしが想像していたほどおじさんでもおばさんでもなく、それぞれにみんな充実した生活を送っているようでエネルギーに溢れ輝いていてうれしかったです。

女子チームは、ライターの母あり、民間保育のNPOを立ち上げた母あり、週3でバレーボールしまくりの母あり、小学校の先生で42歳で初出産した人あり、会計事務所で働き4人の母である人あり、南米を放浪後韓国に留学し韓国語の通訳になった子あり。

わたしも「中年太りは手の施しようがない」とか「もう年だし…」とか「最近めっきり○○~」みたいな弱音を吐くことが多かったんだけれど、そう言っているうちに本当にそうなってしまうのかもと思い改めた会でした。
もうちょっと頑張ってみようかな。
なんかみんなから元気もらっちゃったな。


…て言うか、話題のほとんどが、前にも確か会ったよね?ということに終始していたのはなぜだ?

一応今回卒業後初の同窓会ということだったんだけれど、会って話をしているうちに「いや、あの時あそこで集まったよね?」「そー言えば○○で会ったとき××君屋台でラーメン食べてたよね?」…て結構色々なところでぼちぼち集まっていたことが判明。しかし、言われるまでみんながほぼ忘れてしまっているのがすごい。これが年の流れというものなのか。
わたしなど高校卒業後初めて会ったかと思っていた子に、うちに来たことがあると言われ(結婚した今の家)、あいまいに笑っていたら、さらにその時すき焼きをごちそうになったと言われ、そんなことまるで覚えていない自分に呆然としてしまいました。

そんな感じで懐かしい固有名詞(地名とか駅の名前、お店の名前や人の名前)が出てくるたびに、これまでの生活の中でまったく記憶になかったことがぽんぽんフラッシュバックされて、不思議な気分でもありました。で、その時話していてどうしても思い出せないこととか結構あって(それぞれみんな)、でも今日あたりに突然色々なことが「はっ(・_・)!」と思い起こされたりして変です。
いきなり「のりちゃん、世界史の先生にすごい怒られてたよね」と言われ、まずその先生がわからず、ましてや怒られたことも思い出せずにいたんだけれど、さっき突然その世界史の先生の姿が浮かんで来ました! みんなが言うようにアイビールックの先生でした。VANジャケットのブレザー着てました。
でもまだ怒られたところは思い出せません(笑)。

お店の写真を撮りそびれてしまいましたが、レトロな雰囲気のお店で、今流行りの居酒屋さんとも一線を画すなかなか素敵なところでした。
個人的にまた行ってみたいけれど、そういう機会って滅多にないしなー。ちょっと残念。。。

金吹(かなぶき)
新宿区四谷4-13、ランドビルB1
03(3355)5097

|

« 衣替え | トップページ | フリースの足カバー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

自己レスです。(-_-;)

> 「もう年だし…」とか「最近めっきり○○~」みたいな弱音を吐くことが多かったんだけれど、

…この話をこの間集まったメンバーにしたところ(メールでね)、「あーた、16才のときからそんなこと言ってたよ」と返されてしまった。(-_-)


そう、わたしって若い頃から年寄りじみてましたよー。

…って言われてまた思い出しちゃったじゃないのーー。(-_-;)

投稿: のり | 2005/11/23 17:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高校の同窓会(*-_-*)ぽ:

« 衣替え | トップページ | フリースの足カバー »