« ちょい買い物 | トップページ | 2005夏の計画 »

『川のむこう』by銀色夏生

kanaさんのブログにも既に書いてあったー。
思うところは一緒一緒。
わたしは今大事に読んでいるところです。
え?これが最後なの?
銀色さんとも14年のおつきあいってことだったのに…
でも、そうだなー、やっぱりカンちゃん連れてマウイに半年滞在していたときの頃のやつがわたしも一番わくわくしたなー。他にも色んなところにばんばん行ってたし。なんか自分の分身が自分にはできないことをしてくれているような感じで見てた。彼女もそれなりに年齢を重ねていっているしわたしも同様だ。

|

« ちょい買い物 | トップページ | 2005夏の計画 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ネタばらしちゃってごめんなさい。
私はのりちゃんかはんぎょちゃんに教わってから読み出したので(他の本は読んだことあったけど)14年もつきあってはいないんだけど、それにしても残念なことは確か。

しかし、トラックバック。
私はのりちゃんの記事にトラックバックしなくていいのか(・・? あっちもこっちもしたらおかしくなりそうだよね。
さっぱりわからん!

投稿: Kana | 2005/07/06 21:56

トラックバックしちゃった…。
うざくてごめんなさいm(__)m。

投稿: Kana | 2005/07/06 22:07

うう・・・
まだ最後まで読んでなかったのにぃ(T_T)
もったいなくてちょびちょび読んでいたのにぃ

もしかしてもう終わりなのね・・・

投稿: はんちゃん | 2005/07/07 00:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『川のむこう』by銀色夏生:

» つれづれノート14 川のむこう [Kanaのきままにちょぼちょぼ]
終わってしまいました。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。 毎年買い続けている文庫本。銀色夏生さんのエッセーです。 その破天荒な生活ぶりに驚き、ハラハラし、うらやましくも思い、いつしか目が離せない存在になっていました。旅が好きであちこち行ってくれるのも楽しかった。思いつくとすぐ行っちゃって、すごく自由な感じでいいなーと。興味を持っていると銀色さんが先に試していたりして、うれしく思ったり。 でも、あれだけ自分の気持ちを正直に描写してしまうと、自分へ跳ね返ってくる反響も大きかった..... [続きを読む]

受信: 2005/07/06 22:05

« ちょい買い物 | トップページ | 2005夏の計画 »