« 05夏カウアイへの道(アコモ探し2) | トップページ | ちょっとした出会い »

中学生のホームステイ

息子くん、どうやら申込書は学校に提出したらしい。
ひとまず ほっ。。。
なんだか夏休みに彼を追い出すためホームステイに行かせるような話しっぷりになってしまったのが心苦しい限りなんだけれど、去年彼を参加させて実に楽しそうだったらしいので(←本人あまり多くを語らないので、人から聞いた話+想像も入ってる)今年も行かせてあげようという親心もちゃんと入っているのです。

彼の学校が主催する英語研修プログラムってやつで期間は2週間。場所はオーストラリアのブリスベンから飛行機でさらに飛ぶような田舎の街。なぜこのような田舎まで行くのか。それは1家庭につき1生徒のホストファミリーを確保するためなんだとか…。この時期(夏休みなど)は大量の子どもたちが日本から色々な旅行社や業者を通じてオーストラリアにホームステイに行くわけなんだけれど、ブリスベンやシドニーなどの都市ではあまりに多くの子どもが押し寄せるため1人の日本人みんなに1ステイ先を確保するのは不可能な状態なんだそうです。なのでひとつのおうちに2人以上でステイするようになる、日本人同士で。そうじゃなくても大人数の日本人で一緒に外国に行き同じ学校に通ったりするわけなのでせめてステイ先では一人で英語で頑張ってもらいたいものだと思うのだけれど実際それもかなわない状況になっているらしい。なので彼の学校としては1生徒1家族のために日本人の少ない街へ行くんだとか。(現実それでもホストファミリーを探すのって大変らしく去年の例でもなかなかステイ先が確定せず結局全員の引き受け先が決まったのは出発前日ですよ(!)。まさかそんなに難航するもんだとは思わなかったので、ホストファミリーの家族構成はどんなんだろう?お土産はどんなもんがいいんだろう??とずっと気をもみ続けてしまいました。業者も苦労が多いんだろうな…。

で、ホームステイの成果について。
こっちもたかだか2週間で、それも学校の仲間と大勢で、かつ学校の先生も2人ほど引率にあたり、いくら外国の学校に行き英語を勉強し外人の家庭に数日泊めていただいたにしても、英語力がぐ~~~んとアップするとは思っているわけでもなく(でも多少はしゃべれるようになってくれたらいいなというかすかな期待はあり)、じゃあなんでわざわざそんなプログラムに参加させるのかと言えば、やはり外国で楽しい思いをさせたい、日本に居てはできないようなびっくり体験をさせてあげたい…てことなんでしょーか。

実は上の娘が中3のときは、まあ彼女が通っていた学校はそういう海外交流なんてものには一切興味のない学校だったので、自力で行かせました。15で1度海外経験させておくのもいいかなと思って。その時も色々なパンフレットなど見つつ「こーんな日本人ばかりで連れ立って2週間ばっか行ったって意味ないじゃ~ん」と思いましたよ。なので自分で探して外人向けの英語研修4週間のプログラムを見つけ、航空券は自分で買って行かせたわけです。実際その研修に行ってみたらばやはり日本人の生徒さんは多かったみたいだけれどね。
倍の期間で半分ほどの金額ですみました。

まあどっちがいいかは言いません。
例え2週間でお友達と一緒でも行かないよりは全然いいだろう、と思うようになったから。息子は娘と同じプログラムだったら絶対行くとは言わないだろうし。

それとホームステイ成否のカギはやっぱりなんと言ってもホストファミリーよね。
当たり外れや相性って大いにあると思うし、子どもにとってもよそのお宅で数週間過ごす体験からしてほとんど初めてだろうし、ましてやいきなり外人さんだもの意思の疎通をはかるのって大変だと思う。そのあたりうちの息子去年行った中2という年齢はちょっと早すぎたかなー…と反省してます。普通に中学に通って授業で英語をやっているだけだと、中2では英語力が足りなかったようです。(ステイ先の人にはとても寡黙でいまいち何を考えているのかわからないという印象を与えていたようだし。)
あと実際行ってみると実にさまざまなご家庭があるようで。シングルマザーでフルタイムで働いていたら日本だったら他人、それも言葉もろくにわからない外人の子ども、を受け入れるのはまず有り得ない話だと思うんだけれど、そういう人もいたりして…。職業もなんかバラエティに富んでいる気がする。(ちなみに息子の昨年のホストファザーはロックのDJ。友人のホストマザーはウィークデーはレストランのウェイトレス兼シンガー、ウィークエンドはリゾートオペレーター、別の友達のお父さんはトラックドライバー兼金塊掘り!だったとか…。そのトラックドライバーで金塊掘りのお父さんはきっと太っい腕に入れ墨なんか彫ってあって黒の皮のベストを素肌に着ているようなマッドマックス系の人をどうしても想像しちゃうけれど、実際はベジタリアンでか細い人だったらしい。)
それとオーストラリアの大都市じゃないところは想像以上に「異国」でした。
学校自体は留学生に門戸を広げているので外人が珍しいわけではないんだろうけれど、今世界を席巻している(のか?)日本ブームあるいは日本食ブームはオーストラリアの片田舎には全然波及していなくて、例えば「スシ」という日本の食べ物があるらしいけれど実際は見たこともなければ当然食べたこともない…て感じ。なので目の前にいざ「スシ」を出されても彼らにはあまりに「異物」であるため食べ物として理解することができないから食べることができないようだ。(きっと世界の多くはそうなんだろうな~) 
また「野球」ってスポーツがあるのは知っているけれど、実際やったことないしやっている人も見たことない、って言っていたな。で、うちの子がオーストラリア行っている間にアテネオリンピックでオーストラリアのナショナルチームが我がニッポンドリームチームを破るという大事件が起き、ホストファミリーは日本人の子がうちに来ているし見てみるかーって感じでその時はじめて野球というゲームを観戦したんだそうだ。

さて、今年の夏。どんなご家庭にお世話になるのかな。
今まで娘と息子と面倒みてくれたホストファミリー、それぞれとても良かったのでまたいいといいな~
今年は去年より英語使ってコミュニケートしてくれるといいな~

|

« 05夏カウアイへの道(アコモ探し2) | トップページ | ちょっとした出会い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

のりねえさん、こんばんは。
ホームステイ・・・うんうんと、うなずきながら考えながら読ませていただきました。我が家は小4と小1ですのでまだすぐというわけではないですが、出来ることなら一度は体験させてあげたい。というか、長男はやってみたいと言っています。(^_^;)
でもその反面、行かせる親の心境は複雑ですよね。やはり色々心配ですし。

とりあえず今年の夏ですが、2週間母子旅行です。久しぶりに夏のオアフです。で、2週間午前中のみですが語学学校のようなところに行かせます。午後のプログラムもあるのですが午後はよくある公園や海に行って遊びながら英語を・・・みたいな感じなので午前中のお勉強の時間だけにしました。夕方までだと拘束時間も長くなるし(次男にはちょっときつい)、働く母の私としてはやはり一緒の時間をすごしたいというのもあります。

この語学学校、新しいため情報が少なくてちょっと不安ですがそのうち詳細をご報告しますね。
次の本のネタにでもしてください。(笑)

投稿: かず | 2005/05/31 00:47

のりねえ、かずさん

こんにちは(^.^)
オーストラリア決まったのね!
かずさんのところも学校に入れるのね(^.^)
それにしてもハワイ2週間か~。
うらやましい・・・。

ホームスティってうちは経験させたことがないけど小さなうちにいろんな経験させるといいよね。
うちの娘は今になって海外旅行(といってもハワイがほとんどでしたが。)行ってて良かったと言ってます。(中学生になってからは嫌がってたくせに!)
日本との違いを知ってると大人になってからも適応が早いみたいです。

それにしてもみんな楽しみね~。
うらやましい・・・。

投稿: のあ | 2005/05/31 15:33

のあさん
うちの場合、語学学校といってもキッズプログラムみたいなモノです。ただ学校側は、うちはキッズプログラムみたいに預かるだけじゃなくて英語の勉強を目的としていると言い切っているのでちょっといいかなと思いまして。(笑)  横浜にある英語だけを使う幼稚園のホノルル校になりますが幼稚園ではないし・・・英語教室かな?一応日本語使用禁止だそうです。

のあさんのお嬢様の海外旅行行ってて良かった・・・ですが、私もそう思いました。初めての海外は中2のハワイ。それからまたハワイ、サイパン、グアム、タイ、シンガポール・・・と近場ばかりですが中学~高校の間に家族旅行に行きました。最初のハワイで英語が通じて感激したり、異国を感じたり、アジアに行ってまた違う世界を見て・・・といい経験になりました。
うちの子供達が英語をやりたがったのは、やはりハワイの影響が大きいです。これを良い方向に伸ばしてあげたいです。(そのためには自分も勉強しないと(^_^;))

長々と失礼いたしました。

投稿: かず | 2005/05/31 21:42

へ~、かずさん。コンドの、じゃなくて、今度のハワイではお子たちは語学学校行くんですか。是非是非どんなだったか教えてくださいな。どの程度の規模とか日本人の比率とか、どのくらいためになったかとか…。
下のお子さんも参加するの?
それにしてもオアフ2週間ですかーーーーー。。。。(>_<)
うらやましいやら、腹が立つやら…。(笑)

うちの娘もこの夏4週間の研修にボストンに行くんですが、ビザを取って行くそうで、なんだかとっても新鮮な気持ちになっています。書類がいくつかあって用意しないといけないんだけれど、これまでのアメリカ入国回数を書く欄があって、旅行会社の人の説明では「ちゃんと書いてくださいね。乗り替えで寄っただけでも入国していたらそれも忘れず書いてくださいよ」とのことなんだけれど、スペースが名前を書くのと同じくらいなの。で、娘の米国渡航回数を試しに数えてみたら19回だったーーー。(-_-;) いいのか?そんなに行ってて。
少し自粛しようと思う今日この頃の母、わたし。。。

投稿: のり | 2005/06/02 18:52

のりねえさん、こんばんは。
学校報告、了解しました。
規模はそんなに大きくないと思います。ワイキキのビルの中ですので。私の想像ではキッズプログラムとそう変わらないのではと思っているのですが(関係者の人に読まれたら怒られそうですね(^_^;))どんなものでしょうか?
夏休み中とかはやはり日本人比率は増加するでしょうね。お遊び中心?のものは1日から参加OKでうちが参加するお勉強のプログラムは1週間から参加できます。
あ、次男も参加します。一応二人とも英会話教室に行っていて日本語が出来ない先生なので、そういう意味ではハワイの学校もなんとかなるかな?と思ってます。ちなみにうちの子供の現在の状態は、長男が英検4~5級(4は厳しいけど5は楽勝くらい。今月初めて受験なのでまだ級は持ってないです。)次男は児童英検のブロンズを今月初めて受験というくらいです。
そこのQ&Aに現地校に行った場合、高学年になればなるほど勉強が難しくなる(更にこれを英語でやらないといけない)ことから、行くのは難しいみたいなことが書いてあって妙に納得したのでここに決めました。(笑)

と、ここまで書いておいてなんですが、リンクしておきます。URLのところに入れておきますね。

お嬢さん、また行かれるのですね。。。ハワイだけでも羨ましいと思っていたのに、のりねえさんの子供になりたい!

>少し自粛しようと思う今日この頃の母、わたし。。。

あの・・・カウアイのコンドのコメントを読んだ後に読んだので、全然説得力ないんですけど。(^_^;)

投稿: かず | 2005/06/02 20:53

かずさん、さんきゅ! 早速その学校のHP見てみました。お友達で夏休みお子さん(小3だったかな)連れてハワイに行く人が「子供をどっか学校行かせたいな~」なんて行っていたので次に会ったときに教えてあげようっと。

こういうところこそ、実は娘が働きたいと思っている場所かも…。歌って踊って英語が話せる幼稚園の先生になりたいんだそうです。
来年の夏休みはインターナショナルスクール(日本の)のサマーキャンプのボランティアでもやろうかな~なんてちょうど話していたところだったの。

では!

投稿: のり | 2005/06/02 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中学生のホームステイ:

« 05夏カウアイへの道(アコモ探し2) | トップページ | ちょっとした出会い »