« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

中学生のホームステイ

息子くん、どうやら申込書は学校に提出したらしい。
ひとまず ほっ。。。
なんだか夏休みに彼を追い出すためホームステイに行かせるような話しっぷりになってしまったのが心苦しい限りなんだけれど、去年彼を参加させて実に楽しそうだったらしいので(←本人あまり多くを語らないので、人から聞いた話+想像も入ってる)今年も行かせてあげようという親心もちゃんと入っているのです。

彼の学校が主催する英語研修プログラムってやつで期間は2週間。場所はオーストラリアのブリスベンから飛行機でさらに飛ぶような田舎の街。なぜこのような田舎まで行くのか。それは1家庭につき1生徒のホストファミリーを確保するためなんだとか…。この時期(夏休みなど)は大量の子どもたちが日本から色々な旅行社や業者を通じてオーストラリアにホームステイに行くわけなんだけれど、ブリスベンやシドニーなどの都市ではあまりに多くの子どもが押し寄せるため1人の日本人みんなに1ステイ先を確保するのは不可能な状態なんだそうです。なのでひとつのおうちに2人以上でステイするようになる、日本人同士で。そうじゃなくても大人数の日本人で一緒に外国に行き同じ学校に通ったりするわけなのでせめてステイ先では一人で英語で頑張ってもらいたいものだと思うのだけれど実際それもかなわない状況になっているらしい。なので彼の学校としては1生徒1家族のために日本人の少ない街へ行くんだとか。(現実それでもホストファミリーを探すのって大変らしく去年の例でもなかなかステイ先が確定せず結局全員の引き受け先が決まったのは出発前日ですよ(!)。まさかそんなに難航するもんだとは思わなかったので、ホストファミリーの家族構成はどんなんだろう?お土産はどんなもんがいいんだろう??とずっと気をもみ続けてしまいました。業者も苦労が多いんだろうな…。

で、ホームステイの成果について。
こっちもたかだか2週間で、それも学校の仲間と大勢で、かつ学校の先生も2人ほど引率にあたり、いくら外国の学校に行き英語を勉強し外人の家庭に数日泊めていただいたにしても、英語力がぐ~~~んとアップするとは思っているわけでもなく(でも多少はしゃべれるようになってくれたらいいなというかすかな期待はあり)、じゃあなんでわざわざそんなプログラムに参加させるのかと言えば、やはり外国で楽しい思いをさせたい、日本に居てはできないようなびっくり体験をさせてあげたい…てことなんでしょーか。

実は上の娘が中3のときは、まあ彼女が通っていた学校はそういう海外交流なんてものには一切興味のない学校だったので、自力で行かせました。15で1度海外経験させておくのもいいかなと思って。その時も色々なパンフレットなど見つつ「こーんな日本人ばかりで連れ立って2週間ばっか行ったって意味ないじゃ~ん」と思いましたよ。なので自分で探して外人向けの英語研修4週間のプログラムを見つけ、航空券は自分で買って行かせたわけです。実際その研修に行ってみたらばやはり日本人の生徒さんは多かったみたいだけれどね。
倍の期間で半分ほどの金額ですみました。

まあどっちがいいかは言いません。
例え2週間でお友達と一緒でも行かないよりは全然いいだろう、と思うようになったから。息子は娘と同じプログラムだったら絶対行くとは言わないだろうし。

それとホームステイ成否のカギはやっぱりなんと言ってもホストファミリーよね。
当たり外れや相性って大いにあると思うし、子どもにとってもよそのお宅で数週間過ごす体験からしてほとんど初めてだろうし、ましてやいきなり外人さんだもの意思の疎通をはかるのって大変だと思う。そのあたりうちの息子去年行った中2という年齢はちょっと早すぎたかなー…と反省してます。普通に中学に通って授業で英語をやっているだけだと、中2では英語力が足りなかったようです。(ステイ先の人にはとても寡黙でいまいち何を考えているのかわからないという印象を与えていたようだし。)
あと実際行ってみると実にさまざまなご家庭があるようで。シングルマザーでフルタイムで働いていたら日本だったら他人、それも言葉もろくにわからない外人の子ども、を受け入れるのはまず有り得ない話だと思うんだけれど、そういう人もいたりして…。職業もなんかバラエティに富んでいる気がする。(ちなみに息子の昨年のホストファザーはロックのDJ。友人のホストマザーはウィークデーはレストランのウェイトレス兼シンガー、ウィークエンドはリゾートオペレーター、別の友達のお父さんはトラックドライバー兼金塊掘り!だったとか…。そのトラックドライバーで金塊掘りのお父さんはきっと太っい腕に入れ墨なんか彫ってあって黒の皮のベストを素肌に着ているようなマッドマックス系の人をどうしても想像しちゃうけれど、実際はベジタリアンでか細い人だったらしい。)
それとオーストラリアの大都市じゃないところは想像以上に「異国」でした。
学校自体は留学生に門戸を広げているので外人が珍しいわけではないんだろうけれど、今世界を席巻している(のか?)日本ブームあるいは日本食ブームはオーストラリアの片田舎には全然波及していなくて、例えば「スシ」という日本の食べ物があるらしいけれど実際は見たこともなければ当然食べたこともない…て感じ。なので目の前にいざ「スシ」を出されても彼らにはあまりに「異物」であるため食べ物として理解することができないから食べることができないようだ。(きっと世界の多くはそうなんだろうな~) 
また「野球」ってスポーツがあるのは知っているけれど、実際やったことないしやっている人も見たことない、って言っていたな。で、うちの子がオーストラリア行っている間にアテネオリンピックでオーストラリアのナショナルチームが我がニッポンドリームチームを破るという大事件が起き、ホストファミリーは日本人の子がうちに来ているし見てみるかーって感じでその時はじめて野球というゲームを観戦したんだそうだ。

さて、今年の夏。どんなご家庭にお世話になるのかな。
今まで娘と息子と面倒みてくれたホストファミリー、それぞれとても良かったのでまたいいといいな~
今年は去年より英語使ってコミュニケートしてくれるといいな~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

05夏カウアイへの道(アコモ探し2)

一応はポイプのコンド狙い。
…とは言えポイプ一帯がどのような様子なのかがさっぱりわからない。遠い昔の記憶をたどってみてもポイプに日参したとき通りかかったツリートンネルとビーチで見たサンセットの息をのむ美しさしかよみがえらず。数あるポイプのコンドの中からわたしはどこを選んだらいいわけ?(←お手上げ状態)
南海岸のどのビーチが私たち向きであるのかも重要なポイントなんだけれど、それもさっぱりわからない。(ごろりと横になれる砂浜あるいは芝生とシュノーケルが楽しめる透明でサカナがいっぱいいる海のあるところが好みのタイプね。)
「適当」。
そう適当にそしてやみくもに当たるしかないな…。

そして、地球の歩き方リゾート・カウアイ島、エイビーロード・ホテルコレクション、The UltimateシリーズのKauai Revealed、Paradise Family Guideのカウアイ、それからRCIの提携リゾートのディレクトリーブックなどを見比べ様子をつかんでいく。(いつものアコモ探しのパターンだわな。ここのところヒルトンのバケーションクラブからみのところばかりに行っていたのでこういうアコモ探しは久しぶり。ウキウキするようなj面倒臭いような…。←ちょっと年とったかな。(笑))

たくさんあってやっぱりよくわからないので取り敢えずここでオーシャンフロントのコンドに絞る。
ポイプにコンドがたくさんあるとは言えマウイのようなボリュームではないので、そう考えれば比較的らくちんかも。ここで目ぼしい物件をThe Ultimate Kauaiのサイトでチェック。アコモごとの空撮写真が見られるので、オーシャンビューがどの程度のものなのか建物がどんな感じで並んでいてどのカテゴリーがどの程度の眺望を期待できるのかが推測できて大変便利。

ここで、クヒオショアズ、マカフエナ、キアフナプランテーション、ポイプショアズあたりにめぼしをつけておく。ポイプパームス、ポイプマカイ、ラワイビーチリゾートあたりも海ば~んで良さそうな感じではあるんだけれどネックは予約の窓口。一応RCIにリクエストを入れてあるんで、もしかしたらそっちが取れる場合もあるかもしれない。(係の人はまず無理と言っていたけれど。)で、それが取れるとしてもかなりぎりぎりになってからなのよね、多分。そうなるとキャンセル規定の比較的緩いところがいいんだな。

なので次は業者探し。
これにはアコモハンターHPが便利。片っ端からチェックして行き取り扱い物件とキャンセル規定を見る。
ふむふむふむ…
だんだんおぼろげながらも見えてきたぞぉ~

| | コメント (5) | トラックバック (0)

05夏カウアイへの道(アコモ探し1)

取り敢えずRCIのリゾート交換ってシステムを利用すべくカウアイ島のエンバシーバケーションをリクエストしたものの、まず取れそうもないらしいので、本気でカウアイ行くためには自腹も覚悟で宿の確保もしておかないとな~

・料金
なんと言っても夏休み中は航空券がばか高なので、そうなると自腹の宿代はどうしても極力抑えたい。7泊で1BRで1000ドルくらい、2BRだったら1600ドルくらいが限界かなー

・ロケーション
前のカウアイ訪問ではプリンスビルで痛い目にあっているので(笑)(いえ、悪いところじゃあないと思うんデス。でもー、いかんせんお天気が悪くて…。そのおかげでカウアイ全体の印象も下げてしまった気がするんですヨ)、なので次は絶対ポイプ!と心に誓って20年。
もしくは東海岸沿いのリゾートでもいいのかな…なんて思ったり。ポイプより若干リーズナブルな気がするので同じ予算でちょっとグレード上げられるかも。北にも南にも行きやすそうだしお買い物にもよさそうだし一番便利なエリアかも。

・コンド
1BRにするか2BRにするか…。同行メンバーがはっきりせずにいたんだけれど、誘っていた母は「そんなに何にもないところ行かないわ」と行かない宣言するし、娘も8月中旬に「高校のクラブの夏合宿に行く」そうなので、結局ダンナと末の息子との3人になりそう。だったら1BRの方が断然お安いし1BRよね。
それとやっぱり「オンザビーチ」がいいなあ…。道路を挟んで海、より、目の前にば~んと海、がタイプだわー。さらに言えば1階のお部屋でベランダから直接緑まぶしい芝生のお庭に出られるなんていいわねー。『お気楽ハワイ道』によればカウアイのコンドの1階ラナイでビーチベッドに寝そべって夜空に輝く星を見る、なんてエピソードがあって、そりゃもうそうしたいわよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

旅の記憶が消えないうちに…

ひっそりあるようなないようなページ「お気楽ハワイ道場」。久々にちょっと手を入れてみた。
ふと思いついて「旅の履歴」のページを作る。どうも記憶があいまいになっているので自分自身で整理しておこうと思って。いつどこに行ったんだっけ?てなんかよくわからなくなっていたから…。
ずらずら並べて見ると我ながら結構圧巻です。滞在ホテルなど古いものなど今ちょっと思い出せないので記憶が甦ったら順次加筆訂正していくつもり。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

05夏カウアイへの道STEP1(か?)

そろそろ久しぶりにカウアイ島へでも行ってみるかー という気持ちがむくむく膨らむ今日この頃。
実際行けるかどうか今のところまだわからない部分が多いのだけれど、まず 気持ち先行! な わたし。カウアイってなかなか「よっしゃー行くぞ~」という気にならないところなので(^-^;、この気持ち タ イ セ ツ。

とりあえず、せっかくなので所有しているヒルトン・グランドバケーションクラブのポイントをRCIってリゾートタイムシェアグループの滞在と交換してのカウアイのコンドの手配を依頼。(ヒルトンの提携リゾートはカウアイにはないので。) 希望は、エンバシー・バケーション・アット・ポイプポイント。同じポイントを使うのならなるべくゴージャスなところに滞在するのが効率いいざますから。そこを8月中旬に7泊。
対応してくれたカウンセラーによれば、「3年前まではなんとか取れていたんですが、去年・おととしは残念ながらお取りできていません(キッパリ)」とのこと。(>_<)
まあ、「だめもと」ってやつだなー、こりゃ。
例え取れたにしてもその連絡がいつやって来るかはわからないので、気長に待つことにする。

どうせ取らないのならば他の候補も探しておかなくちゃ、
…って久々にアコモ探ししちゃおうかな~

それからもうひとつ。
反抗期街道まっしぐらの中学生の息子を学校主催の夏休みオーストラリアのホームステイになんとしてでも押し込まねば。彼が日本にいる限り私たちはカウアイどころかどこにも旅行なんてできやしない。(一緒に行くのは断固拒否の彼なので。)
今日午後3時から学校で希望の場所に行けるかどうかの抽選があるらしい。当選するように母さん心から祈ってるわよー!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハワイ土産

aloha

GWハワイに行っていた知人が持って来てくれた。(うふふ)
ホノルル・クッキーカンパニーのパイナップルシェイプのクッキー。花柄のボックスがキュート♪ 後ろはお約束の「アロハストリート」と「ジャパニーズ・ビーチプレス」。それにアラモアナホテルコンドミニアムのパンフ。何よりありがたい。<(_ _)>

それにしても今回彼女が利用したのはHISの羽田発着チャーター便で行くGWハワイといかなんとかいうツアー。この飛行機がオムニエア・インターナショナルというチャーター便。この飛行機が恐れていた通りと言うかなかなかたいしたものだったらしい。
オムニエアについて書かれていたブログを見つけたので詳しくはそちらをどうぞ。>>

| | コメント (0) | トラックバック (1)

母の日ランチ@新宿マイシティ

5月8日母の日。
母を誘って娘と3人で新宿でお昼を食べた。
本当は娘のリクエストで伊勢丹会館のロシア料理「ペチカ」に行こうと考えていたんだけれど、評判のランチバイキング(980円)は平日のみらしいので、マイシティの「ウルフギャング・パック・カフェ」へ。

マイシティってここのところリニューアル激しく、7階8階のレストラン街なんて信じられないくらいオシャレな空間に変身している。ウルフギャングのみならずアルポルトのカフェがあったり他にも行ってみたいお店がいろいろ。
ウルフギャングもビルの中にもかかわらず明るい空間が広がり気持ちのいいレストランだった。
スペシャルランチのチキンもおいしかったし、本日のランチのまぐろのレアステーキもフィレステーキも○。これでお腹一杯になってしまったのでウワサのサーモンピザは食べられなかったわ。(悲)
日本のお店にはない大らかな雰囲気が何よりよかったデス。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

ああ、旅のことだけ考えていたい

ちょっと病気かな、と思うことがある。
日々真っ当に細々と暮らしているんだけれど、そんななかふと無性に旅に出たくなる。

それも行き先は 必ず 絶対 何がなんでも 「海外」。

誰が何と言おうとも外国じゃなきゃ気持ちがサッパリスッキリしないよの。
しかも、
色々行きたいところはあるけれど、その旅の順番のところどころに必ずハワイを挟んでおきたい。
やはり 絶対 何がなんでも…。

日常生活に支障をきたしたり、あるいは社会的に問題があったりする嗜好・癖を中毒あるいは依存症と言うのであれば、もしかしたらやばいかもと思うこともあったりして。(主たる不安は経済的なところにあり。)
なるべくなるべく外にはその癖を出さないようにはしているんだけれど。
そのうち海外旅行破産しちゃうんじゃないかなー…なんて漠然と思ったり…。
だから、行かなきゃいいだけなんだけれど。
少しは我慢するとか…。
(いえ、自分なりに我慢はしているつもりなんだけれど…。)

それでも考えるのをやめられないのは、やっぱり病気???

で、今。
頭の中を駆け巡るのは夏休みカウアイ島へのプラン。
無理して今年行かなくてもいいんじゃないの?という思いもなきにしもあらずではあるものの、考えるくらいはいいじゃん!ってわけで悶々としているわけです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

GWオープンカー三昧

好天に恵まれた3連休。結局ポルシェ・ボクスターの屋根を開け放って走り回って終わってしまった。

それにしても気持ち良かったな~>オープンカー

年間を通じてオープンカーが最も気持ちいい3日間だったのではないでしょうか。屋根もピラーもないので視界はとにかく広いし、風は心地良いし、ボクスターと言えどもポルシェはポルシェ、と~っても軽快だし、それなのにブレーキはきくしハンドルはいい感じだしがっちりしてるし文句なし。

CIMG1407

3日は娘を友達の家まで送って夫がその近所で合流し、そこから青山のハーゲンダッツでアイスクリーム食べて表参道を抜け渋谷から家に戻り、4日は首都高ぐるぐる走って湾岸通って横浜抜けて湘南へ。辻堂あたりってハワイっぽいお店がたくさんあっておもしろいのね。で、厚木から東名乗って帰宅。
その日は息子の友達が3人泊まりに来た。やっと子供の面倒みることができてなんだかほっとした。

CIMG1401 新緑の表参道

5日は息子たちに朝ご飯を食べさせ昼食用にスパムむすびとホットドッグをしこたま作っていざドライブ。
とりあえず父の墓参りへ浅草へ行き、そこから築地へ。連休中で河岸はもちろんお休みなのでほとんどのお店が閉まっていたけれど観光客相手にぼつぼつ開いている店もあり営業しているお寿司屋さんはどこも行列。その中で大阪の友達に教えてもらった「すしざんまい別館」で並びお寿司をつまむ。待っている人は多かったけれど回転が早いのか20分程度で中に入れた。「すしざんまい」は築地入門編てとこかな。
しかしなんかディープな空気漂う築地場外。また機会があったら行ってみようっと。

で、ボクスター。とにかく気持ちいいのですが、悪い点もいくつか。
まず2人しか乗れないこと。2人で乗っていると当然のことながら、ちょっとだけでももう1人乗ることは不可。どう考えても無理。うちの場合そういう状況じゃないかも…。
それと日に焼けます。常に心地よい風に吹かれているので気付かなかったけれど、肩とか腕なんか知らない間に真っ赤っか。ヒリヒリしちゃって、もう、しゃれにならないわ。

CIMG1411
3日間の友、"借り物の"ポルシェ・ボクスター♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今年のGWはついに…

親は置き去り。。。

今までそれぞれの子供たちの様々な友達を泊めてあげたり色々なところに連れて行って来た報いなのか、今年のゴールデンウィークは上の娘は友達家族とビッグアイランドこと伊豆大島へ出かけ、2番目はやはり友達家族にテニスとBBQというイベントに行ってしまい、一番下の子は野球仲間と郊外の緑地に野球をしに他のご家族に連れて行ってもらった。

そして5月3日火曜日、残されたのは夫とわたし。

ゴールデンウィークこそ草津でのんびり過ごそうと思っていたのに、もう全然だめ。みんなそれぞれしたいことがあるし、かと言って子供だけ置いて行くにはまだ早い。
なんか宙ぶらりんな状態になっちゃったなあ…。
家族総出で遊びに行くなんてこともうないのかなあ…。

取り敢えず大島に行く娘を連れて行ってくれるおうちまでご挨拶がてら朝送り届ける。
どういうわけか今我が家にはポルシェ・ボクスターがあるので、ポルシェで行くわよ。いきなり左ハンドルだけれど、ま、いっか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14年間お世話になってます>ニフティはん

先日@niftyよりメール。会員になって4月30日で14年だそうだ。
そっか…あれから14年もたつのか…。
パソコンていうものが欲しくてMACのClassisを買い、パソコン通信ていうのがしてみたくてモデムを買い、わくわくしながらニフティサーブに入会したんだった。当時のMACのハードディスクの容量は40MB、そしてモデムの速度は2400bpsでしたよ。FMACBGとかで色々聞きまくって語りまくってなんとかやり始めたんだった。2番目の子がまだ赤ちゃんで膝に乗せてやってたよなあ…。

ああ、懐かしい。。。
それにしても しかし 遠い昔の話みたい。世の中は流れている…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »