« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

取り敢えずハワイ断念

ちょっとハワイから縁遠くなっていた今日この頃。次いつ行けるかも全然わからなくてハワイのことを考えることすら放棄していた感じ。
血中ハワイ度2.5。

そんな中聞きつけた「アラモアナホテル、コンドに改装して販売へ」のニュース。
ハワイでの長期滞在の野望を持ち続けている母に教えてあげたら、今にも買う勢い。(@_@)
5月15日まで最初の内覧会が行われると言ったら、母はわたしに一緒に見に行って欲しいそぶり。
どうしよう。行こうか…。

それからスケジュールとにらめっこの日々。GW明けの次の週末ならなんとか都合がつくかなー…。3泊なら行けなくもないかも…。
今母と2人でちょこっとハワイに行って、まだ見ていないアラモアナのウォルマート行ったり、アラモアナ周辺のレストランなんか探検してみてもおもしろいかも…。夫も子供もいないのなら今回はビーチはきっぱり捨ててもいいかも…。
ああ、どうしよう~
…と悩むことしばし。

結局学校のPTAの用事が入ったり、母の最期の(ということになっているらしい)同窓会が帰国予定日の翌日だったり、それに何より本当に今ハワイにコンドが欲しいのかというところで大きな大きな躊躇があって、今回の内覧会は見送ろうと決めた。
少し冷却期間を置いた方がいいかなってところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夫サイパンから帰る

先週GWを目前にして夫がサイパンに行っていた。
突然「サイパン行くから」と言う彼。「29,800円だからさー」と、サイパン行きの理由は3泊4日のツアーが29,800円だからだそうで。

転勤も単身赴任にも出張にも縁のない我が家。たまにこうして夫が出かけると、なぜかほっとする留守家族。(笑) 彼がいないのんびりした数日を家族みんなで満喫しました。

tinianpepper
で、これがお土産のテニアンペッパー。

pepper
唐辛子のペーストみたいなものなのですが、これが辛い! 本当に辛い!!
辛くてうまい!!!です。

tshirt
わたしにはこのTシャツ買って来てくれました。
ストレッチ素材のフレンチスリーブのTシャツ。広げて見たら うーーーーーーん ちょっと小さいかも…
わたし「これ大丈夫かなあ…? 小さくない?」
ダンナ「大丈夫だよ。小さくないよ。ちゃんと聞いて買ったんだから。」
わたし(何を何と言って聞いたのだ???)
ダンナ「大丈夫だって。絶対。とにかく着てみれば?」
わたし「そう? 大丈夫かなあ…」(…と着てみる。)
ダンナ「あ。それだめだ。小さいよ。ダメダメ。」
く~~~~(T△T 三 T△T)

夫はサイパンに出かけるとき、出掛けにふと「帰って来たらおまえが痩せてたらうれしいな」とつぶやいて出て行ったのだった。
う~ん。。。。
もういいじゃん。(ふんっ!!!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エビカニを買う

夫がなんだかすごーくすごーく怪しいおっさんから伊勢エビと毛ガニを買った。

ebi
伊勢エビ。今まで見たことないくらいのサイズ。怪しいおっさん曰く「小泉首相もライス国務長官もマツイもイチローも食べて絶賛した」というエビ。いきがよすぎで箱の中で大暴れ。もうその音が恐くて恐くて…。そのうち蓋を押し上げてキッチンから出てきちゃうんじゃないかというくらい。

kani
毛ガニ。こちらもお見事。
おっさんは非常に怪しいがものはいいみたい。お値段も想定の範囲内だったしね。

で、まあ、カニはいいんですよ。なんとか茹でました。もうぐったりしてましたしね。
大きな鍋にお湯を沸かし、粗塩をたっぷり入れて20分茹でればいいんだそうです。
問題は伊勢エビ。
怪しいおっさんが言うにはバター炒めが最高らしいんです。ちょうど前日見たナイナイのごちバトルでロブションの弟子もそうやって調理してましたので、バター炒め食べたかったんだけれど、あんなに暴れまわっているエビくんを押さえつけて頭をもいで縦2つ割りになんてとてもじゃないけれどできるわけなく、中から蓋を開けて出ようとしている(ように思える)エビの箱を前にしてただおびえるわたし。。。
結局夫の帰りを待ち(すでに晩御飯は食べてしまった)、普通に茹でてもらいました。

で、後日一旦ボイルしたエビをバターで炒めて食べたんですが、おやじは怪しかったけれど、エビはおいしかった! 毛ガニもうまかったです。
そうしょっちゅうはお目にかかりたくないタイプのおやじだったけれど、また何年かしたら伊勢エビと毛ガニ持って現われてくれたらうれしいかも。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

平日ランチ@西麻布

とある4月の雨の日。息子の中学のお母さん方に誘われて西麻布のイタリアンでランチ。傘をさし歩きつつ誰とはなしに「あ~め~の西麻布ぅ~♪」と口ずさんでしまうお年頃の私たちなのであった。。。

alport
西麻布交差点近く。ちょっと小道に入ったビルの地下にひっそりとある片岡護シェフ(←有名な人らしい)のお店『アルポルト』。
一歩店内に入ると重厚で華やかな雰囲気。ちょっとヨーロッパにでもありそうなレストランて感じがナイスです。
そして片岡シェフ。店内を徘徊…、ではなくテーブルからテーブルへと軽やかに回り、「ようこそ~ いらっしゃいませ~」「お食事はいかがですか~」とにこやかに声をかけてくれる。
シェフのおまかせランチコース4,830円也をいただく。ジノリのお皿に美しく盛られた品々を味わいつつひたすら話し続け、話しながら食べ続ける。
お会計を済ませたところへまたまたにこやかに軽やかにシェフ登場。思わず全員で記念撮影してしまいました。(残念ながら写真はアップしませんが…)

その後六本木方面へ歩き、六本木ヒルズが見えてくるなりなぜか異様にテンション上がるわたしたち。4人とも東京生まれなのに六本木ヒルズ初めてって人が2人いてなんだか何を見ても大騒ぎ状態。
舟和で見かけたあんこ玉9色セットがあまりに美しく思わずお土産に全員ご購入。それにしてもつるっと色とりどりに輝く「あんこ玉」。きれいだったなあ…。(写真を撮っておかなかったのが本当に残念。まだ六本木店にしかないそうです。)

kuma
ヒルズ広場に数百体も並んでいたクマとおぼしき物体。

ここのところ忙し続きで外の空気に触れていなかったし、そういうもんかと思ってすごしていたんだけれど、やっぱりたまには出かけなくちゃ~と思った1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ついに真打登場(車探し編)

なんとなく車を買い替えたいらしい夫。つい先日あと1年は乗る宣言をしていた気がするんだけれど、やっぱりまだ模索している。(そうだろうとは思っていたよ。)
で、買い替え対照車の条件は、補助でいいから7人分の座席を確保できる車。今乗っているのは大柄なドイツ人の成人男性が7人しっかり乗れて人数分の荷物がちゃんと積めるというコンセプトのワンボックスカーなんだけれど、我が家もそろそろそんなにしっかり7人乗れなくてもよくなってきた。でもやっぱり5人より多くは乗れる車も1台は欲しい。…そんな感じであれこれ物色中。
そんな中夫が待ちに待っていた車がついに発売開始。それは新しくなったランドローバー、ディスカバリー3ってやつ。同じようなSUVタイプの車でもレンジローバーやベンツのゲレンデバーゲンはもう一回り大きいにもかかわらず5人までしか乗れない。ディスカバリーなら補助シートが標準装備。なのでモデルチェンジして新しくなったのを見たかった夫。
早速この間の日曜日連れて行かれましたよ、ディーラーに。(笑)
乗った感じは悪くないね。(値段も値段だもの悪いわけはないが…) 補助の3列目のシートもしっかりできている。天井のガラスも開放感があってよろしい。
ただ、ただ、ただ、格好悪すぎるよ!!
わたしにはあの見た目はどうも好きになれないんだけれど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

胸が痛くて…

胸が痛んで苦しいです。
いえ、恋焦がれているとか、強く反省しているとかじゃなくて、本当に心臓がたまに傷むんです。冠攣縮性狭心症とか異形狭心症とかいうやつで。
心臓の回りの血管が痙攣するんだけれど、それが痛いのなんのって。忘れた頃ぽっとなります。心臓自体に病気があるわけじゃないタイプの狭心症なので、それが命取りになるようなことはないらしいのですが、それでも場所が場所だけに発作のときは痛くて恐いです。恐くて痛くてニトログリセリンの錠剤を口に入れてただひたすら痛みが去るのをじっと待ちます。感じとしては足がつるのと一番似てるのかな…。

…というわけで、ニューヨークへは何とか行けて、その後無事帰って来て、またいつもの生活に戻っております。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »