« 1・30(日)山谷のドヤ街にコーヒー飲みに… | トップページ | 英語熱再燃か…? »

『きみに読む物語』by Nicholas Sparks

Feb03_2102

ずっと前にアマゾンで買ってあった本『The Notebook』をお正月から読み始めやっと読み終わった。とにかくなにしろピュアな愛!なお話なんだなこれが。細かいことはあれこれ語らず断然愛すな話。いえ実は最初「なんかこういうメロドラマみたいの好きじゃないかも」なんて思っていたんだけれど、読み進んで行くうちに結構はまったですよ、2人の愛の深さに、そしてスパークスの語りのうまさに。たまにはこういう思いに浸るのもいいもんデス。心があったかくなるな~。
で、最近気付いたんだけれどこの『ザ・ノートブック』、邦題『きみに読む物語』ってやつだったのね~。明日2月5日から公開される映画じゃないの…。「マジソン郡の橋」をしのぐラブストーリーだとか。へ~。(…てCM見たけれど、わたしが思い描いていたAllieと映画の女優さんイメージ違うんですけどー。あんなにケバくてごついアリーはやだなー。ちょっとショック。)

|

« 1・30(日)山谷のドヤ街にコーヒー飲みに… | トップページ | 英語熱再燃か…? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『きみに読む物語』by Nicholas Sparks:

« 1・30(日)山谷のドヤ街にコーヒー飲みに… | トップページ | 英語熱再燃か…? »